本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「臨時福祉給付金(経済対策分)」について

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
「臨時福祉給付金(経済対策分)」について

 平成26年4月の消費税率引き上げに伴う負担を緩和するため、臨時福祉給付金(経済対策分)を支給します。この給付金は消費税率引き上げ(8%~10%)が2年半延期されたことを踏まえ、所得の少ない方に対して制度的な対応(軽減税率導入)を行うまでの経済対策の一環として、平成29年4月から平成31年9月までの2年半を一括して支給するものです。

 

 

支給対象者

下記の条件をすべて満たした方が対象です。
  • 平成28年1月1日において、住民基本台帳に登録されている方
  • 平成28年度住民税(均等割)が課税されない方。

ただし、次の(1)(2)に該当する場合などは対象外です。

(1)あなたを扶養している方が課税される場合
(2)生活保護受給者である場合

支給額

 給付対象者1人につき 1万5千円(1回限り)

 

申請受付期間

伊勢市の申請受付期間

平成29年5月8日(月曜日)から平成29年10月10日(火曜日)です。

※申請受付期間を過ぎてからの申請書の受付けはできませんので、ご注意ください。

 

伊勢市以外に申請の方

※市町村によって申請期間が異なります。平成28年1月1日に住民票登録があった市町村にお問い合わせください。

 

 提出書類

  • 申請書
  • 本人確認書類
    運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・旅券等のうち1点の写し
  • 指定した口座が確認できる書類
    金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)のわかる通帳などの写し

 

提出方法

  • 臨時福祉給付金受付窓口または、お近くの総合支所・支所への提出か、返信用封筒による郵送をご利用ください。
  • 代理の人が窓口で申請書を記入・提出する場合には、申請者本人の署名と代理人の本人確認書類のコピーが必要です。詳しくは申請書に同封の資料をご確認ください。 

伊勢市役所本館改修工事に伴う給付金窓口の庁舎外への一時移設について

 例年の給付金申請会場(本館4階)は、上記工事のため使用ができません。申請開始直後の混雑を緩和するため、会場をいせ市民活動センター北館伊勢シティプラザに設置します。

 この窓口は申請開始日の5月8日から6月30日までの混雑が予想される期間中、臨時的に申請書の受付をするものです。受付時間は8時30分から17時15分(月曜のみ19時)です。受付開始直後は窓口が大変混み合います。時間に余裕をもってお越しいただくか、郵送での申請にご協力ください。

 なお、7月からの会場は市役所東庁舎内を予定しています。

配偶者からの暴力を理由に避難している方について 

  給付金の申請手続きに関して、配偶者からの暴力を理由に避難し、住民票を移動していない方については、現在お住まいの市町村で臨時福祉給付金担当へ事前申出することにより、避難先の市町村で受給できる場合があります。
 詳しくは避難先の臨時福祉給付金担当までお問い合わせください。

 

 

 

臨時福祉給付金(簡素な給付措置)厚生労働省ホームページ(外部サイトへのリンク)

厚生労働省「臨時福祉給付金」専用ダイヤル  相談窓口電話番号 0570-037-192

(土曜日曜祝日を除く平日午前9時から午後6時)

         ニンジャのイラスト (外部サイトへのリンク)

 

“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください!

 「臨時福祉給付金」を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」の発生が懸念されますので、下記の点にご留意いただき、被害にあわないようにご注意ください。

  • 伊勢市や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 伊勢市や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

 ご自宅や職場などに伊勢市や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、不審なメールやハガキが届いたら、迷わず、伊勢市役所や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))にご連絡ください。