本文にジャンプします
メニューにジャンプします

落書きは、犯罪です! 絶対にやめましょう!

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
落書きは、犯罪です! 絶対にやめましょう!

 市内の公園、橋、トンネル、ガードレールなどの公共施設、民家の塀や壁、商店のシャッターなどへの落書きを見掛けることが多くなりました。

落書きは、単なるいたずらではなく、「建造物等損壊罪」や「器物損壊罪」の犯罪に当たる場合があり、また、落書きをした人は、被害者から損害賠償請求をされることもあります。

※落書き現場を発見したときには、迷わず警察に110番通報しましょう。

 

 落書き被害を受けた場合

  被害を受けたら、小さな落書きでも絶対に泣き寝入りせず、伊勢警察署(電話20-0110)、または最寄りの交番や、駐在所に届け出をしましょう。

  その後の落書きの放置は、新たな落書きを誘発しますので、持ち主が速やかに消去することが大切です。

 

 落書き被害防止の方策

  被害を防ぐには、日常的な見回り活動、監視カメラや人感センサーライトなどの設置が効果的です。落書き犯は、地域住民の生活の隙に巧みに付け入ってくるので個々の問題とせず、地域ぐるみで厳しく監視することが望まれます。