本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ふるさと納税ワンストップ制度

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
ふるさと納税ワンストップ制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは?

 平成27年4月1日から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
 この制度は、確定申告を行わない給与所得のみの方などがふるさと納税を行う際、個人住民税が課税されている市区町村に対する寄附金控除の申請を、寄附先の市区町村などが寄附者に代わって行うことを申請できる制度です。

 この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみとなります。


  1. 給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方※
  2. 平成28年中に行うふるさと納税の先が5団体以下の方

ふるさと納税ワンストップ特例が適用される場合

※上記画像はクリックで別ウィンドウ表示します

※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。


 

制度の申請手続について

申請方法

 上記の2つの要件に該当し、制度の利用を希望する方は、寄附申込書提出時に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と添付書類を一緒に提出してください。

※平成28年から、申請書に個人番号の記載が必要となります。申請者の身元確認として以下のいずれかの書類を添付してください。(いただいた申請書及び添付書類は、ワンストップ特例制度の受付事務以外の目的には使用いたしません。)


  1. マイナンバーカードの写し(表と裏)
  2. 通知カード(表と裏)とAの写し
  3. 個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書とAの写し

「A」…住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、運転免許証(現在の住所が記載されたもの)、運転経歴証明書、在留カード、特別永住者証明書、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳のいずれか1つ

 
寄附金税額控除に係る申告特例申請書【PDF:189KB】
 寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記入例)【PDF:570KB】


申請した内容に変更が生じた場合

 申請書提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の1月10日までに以下の変更届出書を提出してください。
 また申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

 
寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書【PDF:154KB】


申請の完了について

 申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、伊勢市から受付書を郵送でお届けします。受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管ください。