本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊勢市ふるさと応援寄附金

伊勢市ふるさと応援寄附金

ふるさと納税制度とは?

 ふるさと納税制度とは、新たに税を納めるものではなく、自分が生まれ育った地域や関わりの深い地域などに貢献したい、応援したいという皆様の思いを寄付というかたちで表していただく、『ふるさと』への寄附金(伊勢市では「伊勢市ふるさと応援寄附金」と呼んでいます)のことです。

 ふるさと納税を行った場合、確定申告等により寄附金の2,000円を超える分について、一定の限度額まで、その年の所得税及び翌年度の住民税が軽減されます。

 

《詐欺サイトにご注意ください!!》

 ふるさと納税を割引で取り扱っているように見せかけたサイトが発見されておりますが、伊勢市のふるさと納税とは一切関係がございませんので、ご注意ください。

平成30年分 伊勢市ふるさと応援寄附金 年末の取り扱いについて

 平成30年分として取り扱うお申込とご入金について、下記のとおりとさせていただきます。
 記載された期日を超えたものについては、平成31年分の寄附として取り扱いをさせていただきますので、ご注意ください。

クレジット決済の場合

 平成30年12月31日(月曜日)23時59分までにクレジット決済が完了しているもの。

クレジット決済以外の場合

 クレジット決済以外の場合は、申込受付後に納付書等を送付します。

   平成30年12月20日(木曜日)必着で申込書をご提出ください。

   送付された納付書等で、次のとおりご入金を完了してください。  

(1)払込取扱票(郵便局)、銀行振込、納付書でご入金の場合 

 金融機関における最終営業日までにご入金が完了しているもの(領収日は金融機関での払込日となります)

(2)市役所窓口へご持参の場合

 平成30年12月28日(金曜日)17時15分までに、伊勢市役所情報戦略局企画調整課へご持参いただいたもの

ワンストップ特例制度について

 ワンストップ特例制度(寄附金税額控除に係る申告特例申請)をご利用の方は、申請書の提出期限【平成31年1月10日】にご注意ください。  
 12月20日(木曜日)までに寄附手続(クレジット決済または金融機関振込)をいただいた方は、伊勢市役所から郵送で申請書等の資料を送付させていただきます。必要事項をご記入の上、必要書類を添えて1月10日(木曜日)必着で返信ください。

 12月21日(金曜日)以降に寄附手続をいただく方は、ふるさと納税ワンストップ制度ページから申請書をダウンロードしてください。必要事項をご記入の上、必要書類を添えて1月10日(木曜日)必着で下記へ送付ください。

送付先

〒516-8601

三重県伊勢市岩渕1丁目7-29 伊勢市役所 企画調整課

ふるさと納税で”伊勢市”を応援してください

宇治橋夫婦岩

 伊勢市では、子どもたちの笑顔があふれ、幸せに年齢を重ねられるまちづくり、「笑子・幸齢化のまちづくり」に向けて、全市一丸となって取り組んでいます。
 伊勢で生まれ育った方、伊勢にゆかりのある方、伊勢が大好きな方、是非、ふるさと納税制度をつかって、伊勢のまちづくりに、ご支援をよろしくお願いします。
 また、伊勢市では、6,000円以上のご寄附をいただいた市外在住の個人の方に伊勢の特産品をお送りしています。

 

伊勢市ふるさと応援寄附金お申し込みページリンク伊勢市ふるさと応援寄附金のお申込みページへのリンク



寄附金の使い道

 以下の取り組みに活用し、魅力あるまちづくりにつなげていきます。お申込み時にいずれか1つをお選びいただきます。
 

命を最優先に考えるまちづくり

 病気・事故・災害・犯罪など人命を脅かす課題に対して最優先に取り組み、市民の生活を守ることができる安全で安心できるまちづくりを推進します。
  • 防災・減災体制の充実強化
  • 消防・救急体制の充実強化 など

やさしさと感謝の気持ちを継承するまちづくり

 市民それぞれのライフステージに応じ手を差し伸べ、とりわけ子どもや高齢者、障がい者など社会的弱者がやさしさに包まれて住み続けられるまちづくりを進めます。
 また、次代を担う子どもたちが豊かな心を育むことができるよう、子育て環境及び教育環境の充実を図ります。
  • 地域福祉の充実
  • 子育て支援の充実
  • 教育環境の整備 など

豊かさを実感できるまちづくり

 雇用に主眼を置いた産業活性化に取り組むとともに、生活の快適性や利便性に関わること、居住地域における課題を地域住民において解決するなど、暮らしやすさに配慮したまちづくりを進めます。


  • 産業・伝統工芸の振興
  • 自然環境・生活環境の向上
  • スポーツ活動・施設の充実 など 

市民がまちに誇りを持ち、観光と市民生活が調和したまちづくり

 伊勢に住む人たちと伊勢を訪れる人たち双方における満足度の調和を図りながら、観光を通じた総合的なまちづくりを推進し、魅力ある観光交流のまちを創造します。
  • 観光振興
  • 歴史文化(旧賓日館、旧豊宮崎文庫、県名勝宮川堤等)の継承 など

市立伊勢総合病院の充実

 新市立伊勢総合病院の建設や、将来伊勢総合病院に勤務しようとする医学生・看護学生に奨学金を貸与します。

育英基金

 修学困難な学生・生徒を支援するため、奨学金を支給します。

市政全般(特に指定しない)

 上記以外の様々な用途に活用します。

関連ページへのリンク