本文にジャンプします
メニューにジャンプします

生活保護制度

生活保護制度

生活保護制度

 生活保護制度は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的としています。
  この制度は、病気やけがなどで働けなくなったり、その他いろいろな原因で収入がなくなったりして生活に困っている方が、預貯金などを活用をしたり、親や兄弟など親族への相談、他の法律や他の施策を活用してもなおかつ生活に困窮する場合にはじめて受けることができます。