本文にジャンプします
メニューにジャンプします

名所・旧跡

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
名所・旧跡

国指定史跡 旧豊宮崎文庫(きゅうとよみやざきぶんこ)

所在:伊勢市岡本3丁目    大正12年3月7日指定 

旧豊宮崎文庫

 この文庫は、内宮の旧林崎文庫(はやしざきぶんこ)とともにわが国における図書館史上に異彩をはなつ施設です。慶安元年《1648》、外宮権祢宜((ごんねぎ)・出口延佳(のぶよし))の首唱により山田()三方(さんぽう)等の協力のもとに創設されました。寛文元年《1661》には、山田奉行八木但馬守宗直は幕府から永代修繕料の寄進を受けています。以来、外宮祠官子弟の修学道場として発達し、毎月一定日に神典等の講義がありました。大塩平八郎等多くの(碩学(せきがく))の来講や書籍の奉納もあり、充実した施設となりました。

明治元年《1868》、この文庫は廃止され、同11年《1878》には火災により講堂が焼失しましたが、厄災を免れた2万余冊の書籍類は、同44年《1911》に神宮へ献納されました。
 境内のお屋根桜《市指定天然記念物》は、古くから伊勢市の春に彩を添えてきました。

平成27年7月   伊勢市教育委員会

旧豊宮崎文庫域内。正面は大観社、左側は書庫及び創立碑 
旧豊宮崎文庫域内:正面は大観社、左側は書庫及び創立碑 
  
       旧豊宮崎文庫平面図(昭和11年頃)
旧豊宮崎文庫平面図(昭和11年頃)※画像をクリックすると拡大できます。