本文にジャンプします
メニューにジャンプします

沢村栄治投手、西村幸生投手 胸像

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
沢村栄治投手、西村幸生投手 胸像
 倉田山公園野球場には、伊勢市出身の偉大なプロ野球選手である「沢村栄治投手」「西村幸生投手」の胸像が飾られています。
 両選手は、太平洋戦争当時に、沢村投手は現読売巨人軍、西村投手は現阪神タイガースで、それぞれエースとして活躍しましたが、両選手とも戦争で命を落とされ、故郷の伊勢市で静かに眠っています。
 
 (両選手の詳細は後述)
 

写真 沢村栄治投手、西村幸生投手の胸像


沢村栄治投手(1917~1944年)

写真 沢村栄治投手の胸像
 沢村投手は、右投左打で、左足を伸ばして高くはね上げる豪快なフォームから繰り出す剛速球と落差のあるカーブを武器に活躍しました。球速は、当時の映像フィルムから計測すると、実に160km/hを超えていたようです。
 1917年2月1日に現伊勢市岩渕に生まれ、現明倫小学校在学中に、父親のすすめで野球を始めました。
 1930年には現京都学園高校に進学し、最多1試合で25奪三振を記録し、現甲子園大会にも3回出場して1試合17奪三振を記録するなどエースとして活躍しました。
 1934年10月には現京都学園高校を中退して、全日本チームに17歳で参加しました。11月20日に静岡県草薙球場で開催された全米オールスターチームとの対戦では、試合としては0対1で惜敗したものの、ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグらを中心とする最強チームをゲーリッグのホームランによる1点に抑える活躍(9奪三振被安打5)をみせました。この好投はアメリカ本土に伝えられ「スクールボーイ・サワムラ」の名前は一躍有名となりました。
 その後、1934年に現読売巨人軍に入団し、1937年には24勝4敗、防御率0.81で、最多勝・防御率1位となり、プロ野球初の最高殊勲選手(MVP)に選ばれました。プロ野球の在籍は5年間で、ノーヒットノーランを3回達成し、通算63勝22敗、平均防御率1.74の記録を残し、プロ野球史上最高の投手と言われています。
 当時は戦時中であったため、軍隊に3度召集され、3度目の召集の1944年12月2日、東シナ海で27歳で戦死しました。「必ず帰ってくる。帰ってきたら、いい父親になる。」と奥さんに言い残し、家を出たそうです。
 1度目の召集の際に、手榴弾の投げ過ぎで肩を痛め、剛速球を投げることができなくなりましたが、諦めることはなく、1940年にはコントロールと緩急の変化により3度目のノーヒットノーランを達成しています。
 1947年には年間最優秀投手に与えられる「沢村賞」が制定され、「背番号14」は巨人軍の永久欠番となり、1959年には第1回野球殿堂入りを果たしています。


西村幸生投手(1910~1945年)

写真 西村幸生投手の胸像
 西村投手は、右投右打で、正確なコントロールと鋭いカーブを武器に活躍し、草創期の現阪神タイガースのエースとして2年連続日本一に貢献しました。
 1910年11月10日に現伊勢市大世古で生まれ、現厚生小学校在学中に野球を始めました。
 現宇治山田高校に進学し、三塁手から投手に抜擢され、エースとして活躍し、チームは県内に敵なしと言われました。
 その後、実業団の現名鉄を経て関西大学に進み、エースとして主将としてチームを率い、1932年春から1936年秋にかけて関西六大学リーグ4連覇を2度達成しました。
 
1937年には現阪神タイガースに入団し、
春に9勝3敗、防御率2.24、秋には15勝3敗、防御率1.48の成績でタイガースの秋優勝に貢献し、最多勝と最優秀防御率の2冠に輝きました。
 また、春優勝の巨人軍との優勝決定戦では、3勝を挙げて4勝2敗での日本一に大きく貢献しています。
 翌年の1938年は、春には11勝4敗、防御率1.52で2季連続の最優秀防御率に輝き、タイガースの春優勝に貢献し、秋には9勝2敗し、秋優勝の巨人軍との優勝決定戦では初戦に先発して勝利し、タイガース4連勝での日本一に貢献しています。
 プロ野球の在籍は3年間で、通算55勝21敗、平均防御率2.01の記録を残しました。
 1944年3月、軍隊に召集され、1945年4月3日にフィリピンで35歳で戦死しました。「すぐ帰る。心配するな。ビールをうんと貯めて待っていろ。」と家族に告げ、家を出たそうです。
 1977年に、野球界に対する貢献が認められ、特別表彰で野球殿堂入りしています。