本文にジャンプします
メニューにジャンプします

沢村栄治生誕100周年記念事業

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
沢村栄治生誕100周年記念事業
 今年は、市出身の著名なプロ野球選手である沢村栄治投手が生誕して、平成29年2月1日で100年を迎えました。
 このことを記念して、さまざまなイベントを行いました。
 詳細につきましては、各ページをご覧ください。

懸垂幕の掲揚について

懸垂幕 「伊勢で生まれた大投手 沢村栄治生誕100周年」をPRする懸垂幕が平成29年1月12日、市役所の本庁舎と伊勢市観光文化会館に掲げられました。

掲揚の様子  掲揚の様子

沢村 栄治(1917年2月1日-1944年12月2日 享年27歳)京都商業時代の沢村投手(学校法人京都学園所蔵)

 旧字体:澤村榮治
 三重県伊勢市出身のプロ野球選手(投手)。
 プロ野球の在籍は5年間で、ノーヒットノーランを3回達成し、通算63勝22敗、平均防御率1.74の記録を残し、プロ野球史上最高の投手と言われています。


年譜

できごと

大正6年(1917) 宇治山田市(現:伊勢市)岩渕町に生まれる。
大正12年(1923) 宇治山田市立第六尋常小学校(現:市立明倫小学校)に入学。
昭和5年(1930) 京都商業(現:京都学園高等学校)に編入。
昭和8年(1933) 第10回全国選抜中等学校野球大会(春の甲子園)に出場。
昭和9年(1934) 第11回全国選抜中等学校野球大会(春の甲子園)に出場。
第20回全国中等学校優勝野球大会(夏の甲子園)に出場。
全米オールスターと対戦し、好投したが、0-1で惜敗。
大日本東京野球倶楽部(現:読売巨人軍)に入団。日本初のプロ野球選手の1人となる。
昭和11年(1936) 大阪タイガース(現:阪神タイガース)戦でプロ野球初のノーヒットノーランを達成。
昭和12年(1937) 24勝4敗、防御率0.81で、最多勝・防御率1位となり、プロ野球初の最高殊勲選手に選出。
昭和19年(1944) 軍隊に3度目の召集。
東シナ海で戦死。享年27歳。
昭和22年(1947) 年間最優秀投手に与えられる「沢村栄治賞(通称:沢村賞)」が制定され、「背番号14」はプロ野球初の読売巨人軍の永久欠番となる。
昭和34年(1959) 野球殿堂入りを果たす。
(参考文献)
 鈴木惣太郎『不滅の大投手・沢村栄治』(恒文社、1976年発行)
 読売巨人軍75年史編纂委員会編『読売巨人軍75年史 1934~2009』(読売巨人軍、2010年発行)