本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊勢市オープンデータの利活用事例の紹介

伊勢市オープンデータの利活用事例の紹介

 伊勢市オープンデータライブラリの掲載データを利活用された事例を紹介します。

 

アプリ・サイト一覧

サイト名・アプリ名等 内容
避難所検索@伊勢(Android版)(外部サイトリンク)

GPSを利用して現在位置に対する避難所を検索するアプリ

作成者:森ソフト

全国水利台帳

火災現場や現在地に近い消防水利(消火栓・防火水槽)の位置を地図上で表示するアプリ

作成者:Place0n

ごみ出し 5374.jp(伊勢市版)(外部サイトリンク)

5374jp_QRcode png

お住まいの地区を選択することでごみの分類別の収集日を確認できるアプリ

作成者:三重県立宇治山田商業情報処理科

Code for Kanazawa が開発した5374.jpを伊勢市の収集ルールに合わせて改修したものです。

マイ広報紙(外部サイトリンク)

マイ広報紙は、自治体等が発行する広報紙を記事ごとにデータ化し、インターネットで無料配信するサービスです。

作成者:一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン

 注意事項:アプリ等は、各製作者の著作物であり、市が内容、表現、動作を保証するものではありません。

  

 上記のように、伊勢市オープンデータライブラリの掲載データの利活用事例(アプリ等)がございましたら、当サイトの問合せ先あてにご一報をお願いします。内容を確認させていただき、ホームページで紹介させていただきます。

 

三重県立宇治山田商業高校のオープンデータの利活用

 宇治山田商業高校情報処理科3年生が、平成29年度商業科目「ビジネス情報管理」の中で週2時間、オープンデータの活用について学習し、その成果を「伊勢市オープンデータを活用した地域活性化プラン」として、市長へ提案しました。

 自分たちでテーマを設定し、オープンデータに限らず、自分たちで広く情報収集し、地域活性化のためには、「どんな情報が必要か・役に立つか」、「どのような情報発信が効果的か」などの視点から、市政への提案をGoogle Mapやアプリを作成して報告しました。

 オープンデータをきっかけとして、将来の伊勢市を担う高校生が市政に参画する取り組みで、これらの提案は、今後の市の事業の参考となるものです。

 

提案していただいた9つの地域活性化プラン

防災

(避難所・医療機関)

 災害時に指定避難所と医療機関の情報をスマートフォンで確認できるようにGoogle Mapで作成

観光

(高校生がおすすめする食事処)

観光客に地元の味を味わってもらえるように市民や高校生が普段利用してるお店の情報(味・料金・ボリューム・営業時間など)をGoogle Mapで作成

子育て支援

(伊勢の娯楽施設)

伊勢市の人口減少対策として、子育て世代の親子に伊勢市に住んでもらえるように、子どもたちを安全に無料や安い値段で、親子で楽しめる施設の情報をGoogle Mapで作成

環境

(ごみの分別方法:5374アプリ)

市民はもとより、伊勢市へ引っ越されてきたご家庭にも、ごみの分別や出す日を手軽に確認してもらえるように、ごみカレンダーアプリ「5374.jp」の伊勢市版を作成

観光

(伊勢志摩観光スポット)

日帰りの観光客にもう少し足を延ばして、もっと伊勢志摩を楽しんで欲しいと考え、ぜひ訪れて欲しい穴場の観光スポットをGoogle Mapで作成

交通

(伊勢BUS巡りをしましょう)

近鉄やJRを利用した観光客に、バスを使ってのんびりと伊勢の名所を周遊してもらえるようにモデルコースをGoogle Mapで作成

地域活性化

(インスタグラム)

伊勢市には、「インスタ映え」するお店がたくさんあり、新たな観光資源として注目度大の「インスタ映え」する伊勢市内のスポットをGoogle Mapで作成

イベント

(伊勢志摩のイベント情報)

伊勢志摩で開催されるイベントに関して、観光客が困らないように駐車場やトイレの位置をGoogle Mapで作成

伝統文化

(工芸品)

伊勢の伝統文化に触れる機会として、伊勢の伝統文化を引き継いでいる工芸品を手軽に購入できる場所をGoogle Mapで作成

 詳しくは、宇治山田商業高校の「オープンデータの活用」のホームページをご覧ください。

 宇治山田商業高校のオープンデータの活用(外部リンクサイト)