本文にジャンプします
メニューにジャンプします

野口みずき大会長からのアドバイス

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す

現在位置

  1. 2017中日三重お伊勢さんマラソン
  2. 野口みずき大会長からのアドバイス
2017年 中日三重お伊勢さんマラソン
野口みずき大会長からのアドバイス
野口みずき大会長からのアドバイスページ

マラソンを走るための心構え~マラソン初心者の方へ

マラソンを目前に控えています。心構えや走る為の準備をして、レースを迎えましょう。

 

すでにお伊勢さんマラソンに何度か出場されたり、他のマラソン大会に参加されていた方、また今回がマラソン大会に出場するのが初めてという方もいらっしゃると思います。

 

今回は初心者の方にマラソンを走る為の心構えをアドバイスさせていただきます。

 

 

大会に向けての練習

まず、歩くことからスタートして、数日歩いて慣れてきたら走り出してください。

この一定のペースで走ることをジョグと言いますが、まずは20分からスタートしてください。

(※ダイエットを目標に走る方の為に…、脂肪が燃えるだろうと言われる時間が20分くらいなんです)

 

ジョギングイラスト

20分走って、もう少しいけるかもしれないと感じはじめたら5分単位、10分単位で少しずつ時間を延ばしていってください。

 

大体レースまでに40分~60分くらい走れたら、完走するための準備としては安心ですね。

でも、マラソンは当日の天候や自分自身の身体の調子等で変わってきます。

 

普段から、まず気持ちをリラックスしてストレッチをしっかりと行い、身体全体の体操をしてから練習をして、怪我のないように取り組みましょう。

ストレッチ

  1. 床に座って両足を伸ばし、両手をつま先にタッチストレッチ
  2. 座ったままの状態で開脚して、上体を前方に倒します
  3. 一度上体を起こして、左右どちらでも良いので脚に沿って上体を横に伸ばす
  4. 反対側も行ったら、あぐらをかく姿勢になってください。この時、両足裏同士をくっつけます
  5. 両腕を上に伸ばして両手の指を上で組み、ぐ~っと伸ばす。肩がほぐれ、上体の力みが緩和します。

体操

  1. 両腕を上にあげ、左右どちらでもいいのでひねる。→次に反対側も行ってください
  2. 両腕を横に倒す。→反対側も行ってください
  3. 上体を回旋させるアキレス腱のばし
  4. 腰を回す
  5. アキレス腱を左右伸ばす
  6. アキレス腱を両足共に深く伸ばす
  7. 屈伸をする
  8. 膝を回す
  9. 左右の伸脚→深い伸脚も行ってください
  10. 肩入れも行いましょう(肩入れ…両足を大きく広げ、膝のあたりに両手を置いて、上体をかがめます。前方に肩を倒し、顔は倒した肩と反対の後方を見る)

 

《ストレッチ・体操を行うとき注意すべき点》

呼吸をしながら、ゆっくり行ってください!

勢いをつけてストレッチすると筋肉を痛める恐れがあります。

お伊勢さんマラソンが開催される12月に入ってからは、特に気を付けたほうが良いと思います。

 

 

 

今回のアドバイスは以上です。

次は歩き方の姿勢やランニングの姿勢などをアドバイスしますね!!

お伊勢さんマラソンだけでなく、これからのランニングに活かしてもらえますと有難いです!!!