本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ようこそ市長室

ようこそ市長室

市長写真
伊勢市長 鈴木健一

活気と笑顔があふれ、幸せに暮らせるまちに

 昨年(平成29年)は、日本最大級のお菓子の祭典「全国菓子大博覧会」が本市で開催され、58万人を超える皆様にご来場いただきました。博覧会を通じて市の魅力を十分に発信し、訪れた皆様におもてなしの心をお届けすることができたものと感じています。これもひとえに市民の皆様や関係者の皆様のご支援とご協力の賜物と深く感謝を申し上げます。

 一方、台風第21号では甚大な被害を受け、自然災害の脅威を再認識するとともに、災害に強いまちの実現に向けて決意を新たにしたところです。

 さて、本年(平成30年)は県下を中心に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が開催されます。大きな行事が続くことによる機運の盛り上がりを一過性のものとしないため、その後の第76回国民体育大会(三重とこわか国体)・第21回全国障害者スポーツ大会(三重とこわか大会)に向けて、より一層の魅力づくりに努め、スポーツをはじめとする多様な誘客など観光振興による地域の活性化を図ってまいります。

 また、誰もが安心して暮らせるまちを目指し、地域医療の要の一つとして、平成31年1月の開院に向けて新市立伊勢総合病院の建設を進めるとともに、生活上の「困りごと」や「悩みごと」の相談に応じ、支援を必要とする人を地域全体で支える地域福祉の取り組みを推進してまいります。

 直面する大きな課題の少子化対策については、出会いから結婚・妊娠・出産・子育てまでの切れ目のない支援に引き続き取り組んでまいります。

 今後とも市政へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。