本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなで児童虐待を防止しましょう

みんなで児童虐待を防止しましょう

 子どもへの虐待は、主に家庭内など、他の人には見えにくい所で起こります。そのため虐待に気づかず、重大な結果が起こってはじめて虐待の事実が明らかになることもしばしばです。

子どもへの虐待とは?

 保護者が子どもにする行為で、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト(養育の放棄・怠慢)、心理的虐待の4つに分類されますが、複数の虐待を受ける事例も多くあります。
 
身体的虐待
  • 殴る、蹴る、やけどをさせる
  • 乳幼児を激しく揺さぶる
  • 冬や深夜に戸外へ締め出す など
性的虐待
  • 性的行為の強要、性的暴行
  • 性的行為やポルノ画像を見せる
  • ポルノ画像の被写体にする など
ネグレクト
  • 食事を与えない、衣服、住居などが極端に不衛生なままにする
  • 病気になっても受診させない、学校に登校させない
  • 乳幼児を家に残して外出したり車内に放置する
  • 保護者以外の同居人の暴力を放置する など
心理的虐待
  • 大声や言葉による脅し、無視をする
  • 他の兄弟姉妹と差別的な扱いをする
  • 子どもの目の前で配偶者などに暴力をふるう(面前DV) など

気づいていますか?子どもからの SOS

 虐待は、必ずしも悪意から生じるとは限りません。保護者の病気や経済的な理由から子どものことを考える余裕がないケース、保護者は十分に愛情を注いでいるつもりでも方法が不適切なケースなど、保護者がひとりで判断して抱え込んでしまい、結果的に虐待へつながることもあります。
 また虐待を受けている子どもは、虐待がひどくなるのを恐れたり、保護者をかばったりと、自ら虐待を告げられないことが往々にしてあります。子どもたちを虐待から守るため、周囲の大人は子どもからの”SOS”のサインに注意し、「虐待かも…」という子どもや家庭に気づいたときは、対応できる機関(児童相談所や市など)へご連絡ください。

 市では児童虐待を防ぐことを目的として伊勢市子ども家庭支援ネットワーク(事務局:こども課)を設置しています。このネットワークは、児童福祉や保健医療、教育、警察など、子どもに関わる機関で構成され、子どもたちの健やかな成長を見守り連携して支援を行っています。

子どもからの”SOS”サイン

  • 不自然な外傷、アザ、ヤケドなどが見られる
  • 年齢の割に、極端にやせていたり、身長が低かったりする
  • 頭髪や肌、衣服などが極端に不潔で異臭がする
  • おどおどした態度で、親や他の大人の顔色をうかがったりしている

 子育てで悩みや不安があるときや、子どもや家族の気になる様子から虐待の心配をしたときには、まず伊勢市子ども家庭支援ネットワーク(電話 0596-21-5709)へお電話ください。みなさんからお寄せいただく情報が、苦しむ子どもやその家族を救うことにつながります。
 また、保護者の方も、子育てで分からないことや不安なことがあれば、ひとりで悩んだり、抱え込んだりせずにそれぞれの子どもに関する相談窓口へご相談ください。

子どもを虐待から守るための3つのポイント

  1. 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)
     伊勢市子ども家庭支援ネットワークへ連絡をお願いします。情報提供者の個人情報などの秘密は固く守られ、情報の事実がなかった場合でも、責められることはありません。

  2. 親の立場より子どもの立場
     子どもの安全・命が最優先ですまた、児童福祉法では、保護や支援が必要な子どもを発見した場合の通告を国民の義務と定めています。

  3. 虐待はだれの近くでも起こりうること
     決して特別なことではありません。保護者が知らず知らずにしていることや「しつけ」のつもりでしていることが虐待にあたる場合もあります。

虐待の通告・子育てに関する相談はこちらへ

伊勢市こども家庭相談センター 0596-21-5709

三重県南勢志摩児童相談所 0596-27-5143

 

児童相談所全国共通ダイヤル(お住まいの地域の児童相談所につながります。)

児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)番へ

 

※夜間・休日で緊急性があるときは

 三重県中勢児童相談所 059-231-5901

 伊勢警察署 0596-20-0110 または 110番

 

オレンジリボンは児童虐待防止運動のシンボルです