本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市税の延滞金

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
市税の延滞金

 市税を納期限までに納付いただかない場合、納期限までに納付した人との公平性を保つために、延滞金が加算されます。
 延滞金は、税額と納期限の翌日から納付の日までの日数に応じて、計算されます。

延滞金の率

納期限の翌日から最初の1か月間

【平成12年1月1日以後】

年「7.3%」と「(1)特例基準割合+4%」のいずれか低い割合を適用。
 平成12年1月1日 ~ 平成13年12月31日:年4.5% 
 平成14年1月1日 ~ 平成18年12月31日:年4.1%
 平成19年1月1日 ~ 平成19年12月31日:年4.4%
 平成20年1月1日 ~ 平成20年12月31日:年4.7%
 平成21年1月1日 ~ 平成21年12月31日:年4.5%
 平成22年1月1日 ~ 平成25年12月31日:年4.3%

【平成26年1月1日以後】

年「7.3%」と「(2)特例基準割合+1%」のいずれか低い割合を適用
 平成26年1月1日 ~ 平成26年12月31日:年2.9%
 平成27年1月1日 ~ 平成28年12月31日:年2.8%
 平成29年1月1日 ~ 平成29年12月31日:年2.7%

最初の1か月を超えた期間

【平成25年12月31日以前】

年14.6%が適用 

【平成26年1月1日以後】

年「14.6%」と「(2)特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合を適用
 平成26年1月1日 ~ 平成26年12月31日:年9.2%
 平成27年1月1日 ~ 平成28年12月31日:年9.1%
 平成29年1月1日 ~ 平成29年12月31日:年9.0%

※特例基準割合とは
  1. 【平成25年12月31日以前】
     前年の11月末日における日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率。
  2. 【平成26年1月1日以降】
     前年に租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合に、年1%の割合を加算した割合。
    平成29年中は1.7%が特例基準割合となります。