本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊勢市の国民保護

伊勢市の国民保護

国民保護法とは?

 国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)を含む有事法制については、武力攻撃事態対処法等有事関連三法が平成15年6月に成立し、国民保護法については、平成16年6月に公布され、同年9月に施行されました。
 国民保護法は、武力攻撃事態等における国、地方公共団体等の責務、国民の協力その他の必要な事項を定めることにより、国全体として万全な態勢を整備し、国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施することを目的とします。


国民保護計画とは?

 国民保護計画は、国民保護法に基づき、武力攻撃、大規模テロ等から国民の生命、身体及び財産を守るため、国民の避難、救援、武力攻撃に伴う被害を最小化する等の対策を的確かつ迅速に実施することを目的としています。


これまでの経緯


国民保護に係る警報のサイレン音

 国民保護法第47条第2項において、武力攻撃事態等における警報が発令された際、市町村長は、サイレンなどを使用し、できる限り速やかに、警報の内容を住民や公私の団体に伝達することになっています。
 「国民の保護に関する基本指針」において、サイレンのパターン及び音色について、国が定めることになっており、平成17年7月に国が国民保護に係る警報のサイレン音を決定しました。

国民保護に係る警報のサイレン音  
※上のボタンを押せば、サイレン音を視聴できる内閣官房のページに移動します。