本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊勢市地産地消の店

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
伊勢市地産地消の店

 生産者・消費者・行政などが連携して、市の農業が抱える課題とその対応策についての検討を重ねている「伊勢市の食と農を考える会」の提言などを受け、市内で生産された農林水産物を食材として取り扱う店を「伊勢市地産地消の店」として認定し、その店の地産地消に関する取り組みを情報発信することとしています。
 

どのような店が認定されるの?

  市内に店舗がある飲食店、宿泊施設、食品加工事業所、直売所、小売店、スーパーマーケットなどで、次の食材(伊勢市産品)を取り扱っている店が、認定委員会の承認を経て、「伊勢市地産地消の店」として認定されます。

 

対象となる食材

  • 市内で生産・採取された農林産物

  • 市内の漁港で水揚げされた水産物

  • これらの加工品

この、のぼり・ポスターが目印です。


のぼりポスター1のぼりポスター2


地産地消の店を利用すると

 消費者は…

  • 地元の食材を身近な場所で手に入れることができる。

  • 地元の食材を使った特徴あるメニュー・商品が増え、選択肢が広がる 。

生産者は…

  • 地元の食材に対する消費者の関心が高まり、需要が拡大する 。

  • 地域内での販路が拡大する 。

認定店は…

  • 地元の食材に対する消費者の関心が高まり、集客につながる 。

  • 地元の食材を使った特徴あるメニュー・商品の開発につながる 。

なぜ地産地消の推進が必要なの?

 「地産地消」という言葉自体の意味は、「地元でとれたものを地元で消費すること」です。しかし、それだけではありません。身近に行われている農林水産業の営みは、四季折々に新鮮な食材をもたらし、きれいな水や空気、景色を保ち、食材を作る人と食べる人との顔が見える関係を築いてくれます。このため、「地産地消」の取り組みが各地で活発に行われています。

 

   地産地消認定店一覧はこちら(177KB)(PDF)