本文にジャンプします
メニューにジャンプします

戸籍・住民異動の際の本人確認について

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
戸籍・住民異動の際の本人確認について

 本人の知らないうちに届出がされるのを防ぐため、婚姻などの戸籍の届出や、住民異動の届出の際には、窓口に来る人の本人確認を行います。

戸籍の届出

住民異動の届出

本人確認の対象となる届出

婚姻届・協議離婚届
養子縁組届・協議離縁届・認知届
転入届・転出届・転居届
世帯分離届・世帯合併届

本人確認書類

(ア)官公署の発行した免許証、許可証または身分証明書であって、写真が貼付されたもの(改ざん防止処理が施されたもの)…運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード(写真付きなど)

(イ)官公署の発行した免許証、許可証または身分証明書であって、写真が貼付されていないもの…健康保険証・年金手帳・介護保険証・各種医療費受給者証など

本人確認の方法

上記の本人確認書類(ア)のいずれかを1種類提示していただきます。
(ア)の書類を掲示できない場合は、(イ)の種類を2種類提示していただきます。

本人確認の方法

次の場合は、当事者の方に「届出があった」ことをお知らせします。
  1. 当事者以外の方が届書を持参
    したとき
  2. 当事者本人が届出したときで
    あっても、窓口で本人確認が
    できなかったとき
  3. 郵送で届出がされたとき
次の場合は、当事者に「届出があった」ことを郵送でお知らせします。
  1. 窓口に来た人の本人確認ができなかったとき
  2. 郵送で転出の届出がされたとき