本文にジャンプします
メニューにジャンプします

電子入札システムの導入

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
電子入札システムの導入

平成20年度より、電子入札システムを導入します。

伊勢市では、入札業務の効率化、および透明性の確保のために、平成20年度より電子入札システム(NTT方式)を導入します。

対象業種
工事・測量コンサルタント関係(130万円超え)
物品・印刷・その他業務委託(10万円超え)

 

電子入札システムの概要紹介

1 電子入札の導入目的
  • 応札者の負担の軽減
  • 受注機会の向上
  • 入開札事務における効率化、透明性の確保
2 電子入札システムを利用してできること
(1)電子入札
 公告から入開札までの一連の入札業務をインターネットを利用して行うことができます。

(2)業者登録
 入札参加資格の「変更届」等をインターネットを利用して行うことができます。

(3)情報公開
 「入札結果」、「発注見通し」等をインターネットを利用して閲覧できます。

3 電子入札概要

電子入札概要(PDFファイル:971KB)


今後の予定

  • 入札に参加するために準備すべきものについての告知(平成19年9月頃)
  • 業者説明会(平成20年2月~3月)
  • 練習案件の実施(平成20年4月以降)
  • 電子入札への移行(平成20年4月中旬以降に予定)