本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新市建設計画の変更について

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
新市建設計画の変更について

新市建設計画とは?

  『新市建設計画』は、合併する新しい市のまちづくりを進めるため、伊勢地区合併協議会において市民の皆さんのご協力を得て、平成16年10月に策定された計画です。

変更の目的

 東日本大震災による被害を受けた合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の一部が改正され、合併特例事業債を活用できる期間が延長されたことから、現在実施中の事業の着実な推進と今後合併特例事業債の活用が見込まれる事業の財政負担の軽減を図るため、計画期間を平成32年度まで延長するものです。

主な変更内容

1.計画期間の延長      10年間→15年間
2.財政計画の延長及び更新  10年間→15年間
               平成18~25年度を実績値とし、平成26~32年度を推計値とする。
3.施設除却に係る項目の追加 公共施設等総合管理計画(策定予定)に基づく公共施設の除却に係る内容を追加

 

※下のリンクよりダウンロードしてご覧下さい。