本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成21年度第2回経営戦略会議 会議結果の概要

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
平成21年度第2回経営戦略会議 会議結果の概要
  • 開催日時
     平成21年4月23日木曜日 午後3時~午後5時
  • 開催場所
     本庁東庁舎4-2会議室
  • 出席者
     市長、副市長、総務部長、財務政策部長、環境生活部長、健康福祉部長、産業観光部長、都市整備部長、上下水道部長、二見総合支所長、小俣総合支所長、御薗総合支所長及び教育部長
  • 審議事項
     1 県有施設「内宮地下参道」修景整備について(都市整備部)
     2 地区連絡員制度の方向性について(環境生活部)

審議事項 

1 県有施設「内宮地下参道」修景整備について(都市整備部)


審議概要

  • 財団法人伊勢文化会議所より内宮地下参道の修景整備に関する要望があり、庁内での調整、三重県との協議結果などこれまでの経緯が報告された。
  • 要望の内容として、伊勢文化会議所が地下参道の概観などを景観に配慮したものに整備し、その後管理運営していくというものである。
  • 修景整備は伊勢文化会議所が行う。その手法として、道路法第17条第3項に規定する管理の特例制度と景観法を活用することとし、管理者である県と市との間で道路法の手続きを行い、市と伊勢文化会議所との間で景観法第5章に規定する景観整備機構の指定と、景観重要公共施設としての整備協定、管理協定を締結することが提案された。
  • 今後、市議会、地元へ説明を行い、提案のとおり進めていくことが確認された。

主な意見等

  • 三重県に対しての手続きはどのようになっているのか。
    →道路法第17条の規定により、市が県に対し、加工許可、管理の特例制度の活用の手続きを行なう。県と市で、整備箇所、管理区分を決め、市が整備、管理する部分について、市と伊勢文化会議所とが整備協定、管理協定を結ぶ。
  • 整備に伴い、屋根は再利用し、ガラス部分はほかの部分で再利用をする予定。
  • 現在ガラスで明るい感じがあるが、変える必要があるのか。
  • 工事の安全対策について、環境客、市民への安全には十分配慮をお願いしたい。
    →工事中の平面交差(県道を渡るなど)は難しいため、誘導経路を検討中で、警察とも協議中である。
  • 防犯対策にも十分配慮をお願いしたい。
  • 太陽光発電などの設置は考えているのか。
    →景観・風景を考慮するとあわないと考えている。

資料 付議事項書(県有施設「内宮地下参道」修景整備)(84KB)(PDF文書)

2 地区連絡員制度の方向性について(環境生活部)

審議概要
  • 市町村合併後、各地区に地区連絡員(非常勤の嘱託職員)を配置し、広報や回覧物を配布しているが、自治会組織を活用した配布実態や多額の経費がかかっているなどの課題があるなかで、制度の見直しが求められており、ポスティング形式の導入などが提案された。
  • 仮に制度を廃止する場合、(1)自治会の活動費に充てられている自治会もあり、その整理が必要、(2)市と自治会との協力関係が希薄化する可能性、(3)同時配布物の扱いや広報への掲載など見直しが必要、など課題がある。
  • 今回の審議では、課題が多数あり今後の方向性が得られなかったため、課題を整理し、再度提案することとなった。

主な意見等

  • チラシや配布物内容の広報への掲載ができるのか。広報のあり方をどのようにしていくのか、時間をかけて検討が必要である。
  • 同時配布物は年間100件ほどあり、広報には記事として小さな枠しかできない。
  • 制度全体を見直す中で、地区みらい会議への移行を考える必要がある。個々に整理することは難しい。
  • ポスティング制度とは、新聞販売店網等を活用した宅配システムである。
  • 地区連絡員制度の方向性と地区みらい会議の関係を、最終的な目標など全体的な制度を含めて説明していく必要があるのでは。
  • 地区連絡員制度の方向性を決めようと考えていたが、全体でのあり方となれば、地区みらい会議の設立の足並みが揃ってからになる。
  • 包括的に整理する必要があり、ふるさと未来づくりがスタートするときに仕組みの提案ができるよう検討、議論する必要があると考えている。
  • ポスティング制度を採用する場合、市内全域で一斉に導入する必要があると考えている。ふるさと未来づくりの導入と同時進行で進めて行きたい。
  • ふるさと未来づくりが導入できれば、地区みらい会議による配布によってコミュニケーションを取ることも可能となり1番いいのでは。
  • 情報発信の方法について、広報への掲載やペーパー物、ケーブルテレビ、ホームページなどトータルで有効に使うことを考えていく必要がある。

資料 付議事項書(地区連絡員制度の方向性)(74KB)(PDF文書)