本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成21年度第10回経営戦略会議 会議結果の概要

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
平成21年度第10回経営戦略会議 会議結果の概要
  • 開催日時
     平成21年8月25日火曜日 午後5時~午後5時40分
  • 開催場所
     市長応接室
  • 出席者
     市長、副市長、総務部長、財務政策部長、環境生活部長、上下水道部長、二見総合支所長、御薗総合支所長及び教育部長
  • 報告事項
     1 「市内の国道等に設置されている灯ろう」その後の経過について(都市整備部)
     2 海上アクセス事業その後の経過について(産業観光部)

報告事項

1 「市内の国道等に設置されている灯ろう」その後の経過について(都市整備部)


概要
 「市内の国道等に設置されている灯ろう」案件において、灯ろうの建設を行うこととなっていた社団法人神宮環境振興会が、平成21年8月19日に三重県から、解散命令の行政処分を受けた。このことに伴い、社団法人伊勢市観光協会が、予定していた街灯(灯ろう型)の新設工事が、許可された工期内に完成の目途が立たなくなったとの理由から、市・国・県へ道路占用廃止届を提出したこと、及び市としての今後の方針として、安全性の確保、景観計画との整合性などを勘案し、国・県及び関係者と調整していくことが報告された。また、市議会へ報告する旨も確認した。

2 海上アクセス事業その後の経過について(産業観光部)


概要
 宇治山田港係留施設設計検討業務委託、ターミナル施設の開館状況及び運航事業者への対応について報告がされた。業務委託においては、係留施設の調査について、(1)調査箇所の選定、(2)調査方法、(3)調査概要、(4)工期延長について、ターミナル施設の開館状況においては来場者数等について、また、運航事業者への対応においては、津・松阪航路の社会情勢の変化についての報告がなされた。また、市議会へ報告する旨も確認した。