本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成21年度第11回経営戦略会議 会議結果の概要

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
平成21年度第11回経営戦略会議 会議結果の概要
  • 開催日時
     平成21年9月16日水曜日 午前10時~午前11時50分
  • 開催場所
     本庁東庁舎4-2会議室
  • 出席者
     市長、副市長、総務部長、財務政策部長、環境生活部長、健康福祉部長、都市整備部長、上下水道部長、二見総合支所長、小俣総合支所長、御薗総合支所長及び教育部長
  • 審議事項
     1 花とみどりのまちづくり伊勢プロジェクトについて(産業観光部)
  • 報告事項
     1 厚生中学校及び山田赤十字病院建設事業について(都市整備部)
     2 「四郷地区認定こども園(仮称)施設整備事業の基本設計案}について(健康福祉部)

審議事項

1 花とみどりのまちづくり伊勢プロジェクトについて(産業観光部)


審議概要
  • 花とみどりのまちづくり伊勢プロジェクトについて、5月に開催された全日本花いっぱい伊勢大会を契機として、明るく元気なまちをつくり、地域を活性化するとともに、伊勢へ訪れた方々を花と緑でもてなし、伊勢の心・魅力を多くの人へ伝えることを目的に「人づくり」、「まちづくり」、「体制づくり」を行い、花と緑を活かした観光展開を行っていくプロジェクトとして確認されている。
  • プロジェクトの事業方針は、人づくりとして、地域での活動やリーダーを育成する講習会等の開催、まちづくりとして、まちの植栽などの活動、体制づくりとして、情報収集の場としてのセンター機能、拠点づくり、コンテストや発表の場としてのイベントの開催、など進めているところである。
  • 庁内連絡調整会議にて、今後の推進体制について議論を行ったが結論がでず、今後どのような体制で進めていくのか意見を求めた。
  • 今後の推進体制を都市整備部が窓口とし、これまで行ってきている事業の集大成として、全庁的な体制で整理を行い、早急にプロジェクトを進めていくことが確認された。

主な意見等

  • 早々に新しい体制でスタートする必要がある。委員からも早くリスタートするよう求められており、10月には新体制で進めていかなければならない。行政の推進体制として、意見がほしい。
  • 1つの部では、難しいため、関連する部局で協力する体制が必要。
  • 昨年、花いっぱい全国大会を1つの切り口としてスタート時に、観光事業課での担当と決めたが、イベントとして意識をし過ぎた面がある。
  • 旧伊勢市では、みどりの基本計画を策定しており、現在更新していないがその経過もあり、都市整備部でも考えられる。
  • 既に取り組んでいることもあり、目に見える姿としては市民へ向けてわかりやすい。
  • 今まで行われてきた事業も含めた上で体系付ける必要がある。これまで行ってきている事業の集大成として位置付け整理をお願いしたい。
資料 付議事項書(花とみどりのまちづくり伊勢プロジェクトについて)(63KB)(PDF文書)

報告事項

1 厚生中学校及び山田赤十字病院建設事業について(都市整備部)


概要
 厚生中学校建替え工事が行われているが、その周辺地域で下水道工事及び道路工事、また山田赤十字病院の建設が予定されており、進捗状況やスケジュールが問合せ等への対応用の情報共有として報告された。また、工事に伴い、大型車両や工事車両の通行により周辺住民への影響や安全確保のため、予定通行量の調査及び把握、通勤通学時間への工事車両の通行ルールを整理、安全対策、ほこり等の対策を関係者と協議したことが報告された。

2 「四郷地区認定こども園(仮称)施設整備事業の基本設計案」について(健康福祉部)


概要
 四郷地区認定こども園施設整備事業について、送迎時などの安全面、直接の西日を避けるためのテラスの設置、採光に配慮した部屋の向き、子育て支援室とこども園園児の入り口など利用者の動線について、先進地視察を含めて関係者により検討した基本設計案と、平成23年3月完成に向けたスケジュール案が報告された。また、市議会へ報告する旨も確認した。