本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成21年度第13回経営戦略会議 会議結果の概要

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
平成21年度第13回経営戦略会議 会議結果の概要
  • 開催日時
     平成21年11月4日水曜日 午後3時~午後3時50分
  • 開催場所
     本庁東庁舎4-2会議室
  • 出席者
     副市長、総務部長、財務政策部長、環境生活部長、健康福祉部長、都市整備部長、上下水道部長、二見総合支所長、御薗総合支所長及び教育部長
  • 審議事項
    1 合理化問題への対応方針の再確認について(環境生活部、各総合支所)

【審議事項】

1 合理化問題への対応方針の再確認について(環境生活部、各総合支所)


審議概要
  • 今後の合理化問題への対応について、過去の経緯を尊重しつつも新市として著しい不整合のないよう、旧伊勢市・小俣町における対応を検討した際の経営戦略会議での審議結果について再確認し整理した対応方針(案)をもとに、伊勢市としての対応の原則を明文化することについて、審議を行った。
  • 対応方針(案)が、これまでの審議結果と相違がないことが確認された。
  • 市長選挙後、市長に対応方針(案)の報告を行い、決定することとなった。
主な意見等
  • 二見町分については、平成22年度で計画期間が満了するため、その段階で整理をおこない、以後については、新市として整合性のある対応をするべき。
  • 基本的には、業務転換を図るという合特法の趣旨を踏まえて進めるべき。他業種への新規参入時における競争力の弱さを支援するというのが趣旨である。
  • 下水道の進捗により、許可の台数や業者数及び区域割りについて、廃掃法の規定に基づき、許可制度を適正に運用する必要がある。
  • 代替業務については、現在、旧地区それぞれで対応しているが、先々では、地域を越えた対応が必要となるのではないか。
  • 今回の方針については、新市長に報告後、決定することとする。
資料 付議事項書(合理化問題への対応方針の再確認について)(86KB)(PDF文書)