本文にジャンプします
メニューにジャンプします

不妊不育治療医療費助成事業

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
不妊不育治療医療費助成事業
 市では、不妊不育治療医療費助成事業を実施しています。

 医師が必要と認めた不妊治療・不育治療を受けられる夫婦に対し、その費用の一部を助成することにより、経済的負担を軽減することを目的としています。

対象となる治療

 医師が必要と認めた一般不妊治療・特定不妊治療(体外受精・顕微授精)・不育治療

対象となる方

  1. 法律上の夫婦である方
  2. 治療期間及び申請日に市内に住民票がある方(夫婦のうち治療を受けた方)

助成金額

 医療費自己負担金額及び証明書の発行に関する費用の2分の1(上限額は10万円)
 
 ※三重県特定不妊治療費助成事業の交付を受けている場合は、その助成額を除きます。
 ※1年度に1回までとし、通算5回までを限度とします。

上乗せ助成について

 平成27年度より、伊勢市不妊不育治療医療費助成を満額(10万円)助成を受けた方で、前年度の夫婦合算の所得額が400万円未満の方に対し、保険外の不育治療にかかった費用の一部助成として、自己負担額の2分の1で上限10万円の上乗せ助成があります。         

※食事代、入院費、文書料、及び凍結保存に係る費用は除きます。
※上乗せ助成を申請される場合は、伊勢市不妊不育治療医療費助成申請と一緒に申請してください。

※上乗せ助成のみの後日の申請はできません。

申請方法

 年度内申請となりますので、治療の終了している方は3月末日までに所定の申請書に必要事項を記入し、以下のものを持参し、健康課へ申請してください。3月末日が閉庁日(土・日)にあたる場合は、閉庁日直前の金曜日が申請期限日となります。窓口に来ていただくことが困難な場合や3月末日に受診予定の方は、ご連絡ください。

(申請書等は健康課窓口にあります。また、以下からダウンロードもしていただけます。)

持ち物

  1. 伊勢市不妊不育治療医療費助成金交付申請書
  2. 伊勢市不妊不育治療医療費にかかる医療機関等証明書
    ※同じ医療機関で、夫婦で治療されている場合は証明書は1枚で結構です。
    (夫婦の治療分を合わせて証明書に記載していただけます。)
    ※薬局分も助成対象金額に含まれます。それについては、処方した医療機関または薬局で証明をとっていただく必要があります。但し、上限額に達する場合は不要です。
  3. 医療機関などが発行する領収書(原本)
  4. 申請者名義の預金通帳(振込先確認のため。)
  5. 夫婦の保険証
  6. 印鑑
  7. 三重県特定不妊治療費助成事業決定通知書(写し可。三重県助成事業の交付を受けた方のみ)