本文にジャンプします
メニューにジャンプします

緊急通報装置の貸与

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
緊急通報装置の貸与

内容

近隣に扶養義務者がいない65歳以上の一人暮らしの高齢者で、病状及び日常生活動作に支障があり、緊急時の通報手段の確保が困難な方を対象に、緊急事態発生時に迅速かつ適切に対処できる体制を整備し、日常生活の安全を確保するため、緊急通報装置の貸与を行っています。
 

対象

65歳以上の一人暮らし高齢者で、近隣に扶養義務者がいない下記のいずれかに該当する方

(1)病状及び日常生活動作に支障があり、緊急時の通報手段の確保が困難な方

(2)身体障害者手帳の交付を受けた者であって、障害の等級が1級又は2級に該当する方

貸与決定までに

職員による訪問面談を実施した後に貸与の可否を決定します。
 

緊急連絡先の登録

申請の際、緊急連絡先(ご親族やご近所の方)として、3名の登録が必要です。
登録された方には、警備会社が緊急時の対処報告等で連絡をする場合があります。

料金

(1)通話料・・・全額利用者負担

(2)装置レンタル料・・・市民税所得割額により異なります。