本文にジャンプします
メニューにジャンプします

相談支援事業者(特定相談支援、障害児相談支援)の指定

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
相談支援事業者(特定相談支援、障害児相談支援)の指定

相談支援事業者(特定相談支援、障害児相談支援)の指定申請手続き

 平成24年4月から、国の制度改正等により、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく「計画相談支援」や、児童福祉法に基づく「障害児相談支援」の指定相談支援事業の実施については、市の指定を受ける必要があります。
 新規申請をご希望の事業者は、指定申請の手引き及び指定申請書類等をダウンロードし、申請手続きを行ってください。


1 市が指定する相談支援事業の種類と内容

(1)特定相談支援事業者
 障がいのある方等が障害福祉サービスを利用する前にサービス等利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。

(2)障害児相談支援事業者
 障がいのある児童が、通所支援を利用する前に障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。


2 指定申請のスケジュール
 指定を希望される月の前月10日(土曜・日曜・祝日等の場合はその当該日の前日)までに申請書類を提出してください。
 指定申請書類を提出する際は、事前に高齢・障がい福祉課へ連絡し、来庁予約等を行うことをお薦めします。

3 指定基準等
 
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の該当条項及び厚生労働省がこれまでに提示した資料をご参考にしてください。