本文にジャンプします
メニューにジャンプします

高齢者用肺炎球菌予防接種について

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
高齢者用肺炎球菌予防接種について

 

 「定期接種」高齢者用肺炎球菌

 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
 肺炎球菌には 93 種類の血清型があり、定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23 価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23 種類の血清型に効果があります。※全ての肺炎を予防するわけではありません。

 

対象者・接種回数

 過去に肺炎球菌ワクチン ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがない方のうち、接種日に市内に住所を有し、次のいずれかに該当する方。
(1)下記の表に該当する方。
 平成29年度中に
到達する年齢
対象となる生年月日
 65歳 昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生の方
 70歳 昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生の方
 75歳  昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生の方
 80歳  昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生の方
 85歳  昭和 7年4月2日生~昭和 8年4月1日生の方
 90歳  昭和 2年4月2日生~昭和 3年4月1日生の方
 95歳  大正11年4月2日生~大正12年4月1日生の方
 100歳  大正 6年4月2日生~大正  7年4月1日生の方
 (2) 60歳から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫機能に一定の障がい(身体障害者手帳1級程度)がある方
  
※接種券は(1)の表の年齢となる方へ郵送しています。
(これまでに伊勢市肺炎球菌予防接種助成金を受けた方へは送付しておりません。)
(2)の対象となる接種希望の方は中央保健センター(健康課)へご連絡ください。

料金 3,000円

(本来の接種費用は8,600円ですが、差額分5,600円は、市から医療機関に対して費用を支払いしています。)
※1人につき生涯1回助成。
※費用の免除
接種対象の人で、生活保護を受けている方は、事前に申請をすると無料になります。接種する1週間前までに、健康課・生活支援課・各総合支所生活福祉課・各支所へ申請してください。

 

持ち物

  1. 接種券(3月末に郵送しました。)
  2. 健康保険証
  3. 健康手帳(持っている方のみ)

 接種券は、医療機関にて予診票と引換えてください。

※既にニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は対象となりません。
 
※平成29年度から平成30年度は、各当該年度に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳となる人が対象になります。なお、平成31年度以降は、国においてあらためて検討されます。

 

「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関」(pdf) (103KB)

長期療養の方の定期予防接種について

 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、定期の予防接種の機会を逸した方について、接種する機会が設けられています。
 長期療養の方の定期予防接種についてのページへ