本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子どもの定期予防接種

  • English
  • Português
  • 中文
  • サイトマップ
  • サイトの使い方
  • サイトの使い方(スマートフォン版)
  • ふりがな
  • 色変更
  • 本文を 音声で聞く
  • 文字を大きくする
  • 拡大方法の説明
  • 文字を元に戻す
子どもの定期予防接種

予防接種を受けましょう

 私たちの体は、病原体が入ってくると、それを記憶し、次に同じ病原体がはいってくると、すぐに反応して病気を防ぐ働きを備えています。これを免疫といいます。赤ちゃんはお母さんからもらった免疫をもっていますが、数ヶ月で自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。子どもがかかりやすい感染症には、かぜ程度のものから、重症化し、命にかかわるものまでいろいろあります。感染症にかかるのを防いだり、かかったとしても症状が軽く済むようにして、子どもを守る助けとなるのが予防接種です。

 

予防接種とは

 感染症の原因となるウイルスや細菌等を弱めるなどしてワクチンをつくり、これを体に接種することでその病気に対する免疫をつくります。
 伊勢市では、大切なお子様の病気を予防するため、予防接種をおこなっております。効果的で安全な予防接種を受けていただくために、予防接種の説明冊子「予防接種と子どもの健康」を母子健康手帳交付時にお渡ししています。 接種を受ける前には、冊子をよく読み、予防接種の必要性、注意点、副反応など正しい知識をもってから受けるようにしましょう。

※予防接種は法改正等により内容に変更が生じる場合があります。詳しくは、厚生労働省ホームページ予防接種情報(外部サイト)または公益財団法人予防接種リサーチセンターホームページ(外部サイト)をご確認ください。 
  • 料金
    無料(接種日に伊勢市に住民登録がある方で対象年齢内の接種に限ります。) 
  • 申込み方法
    事前に必ず医療機関へ電話等で予約をしてください。
  • 持ち物
    1.予診票(母子健康手帳交付時にお渡ししています。)
    2.母子健康手帳(接種歴の確認及び接種記録を記入しますので忘れずにお持ちください。)
    3.健康保険証
    ※転入・紛失などで予診票を持っていない方は母子健康手帳をご用意のうえ中央保健センター(健康課)へご連絡ください。
     

 

お知らせ

日本脳炎予防接種について

 平成17年度から21年度の間に積極的勧奨の差し控えのため日本脳炎予防接種の機会を逃した方への接種時期が緩和されました。
  • 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、1期・2期ともに未接種分が20歳未満まで接種可能です。
  • 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は、1期の未接種分を2期の年齢で接種可能です。

 接種を希望する人で、予診票のない方は母子健康手帳をご用意の上、中央保健センター(健康課)へご連絡ください。
*今年度は小学4年生と高校3年生相当で日本脳炎2期未接種の方に案内通知を郵送します。

 (小学6年生~高校2年生へは、まだ郵送されていません。来年度以降、国の指示により順番に郵送予定です。)

麻しん風しん(MR)2期について

 麻しん風しん(MR)第2期の接種対象者は、5~7歳未満でかつ小学校就学前の1年間となります。
 したがって今年度の対象者は、平成23年4月2日から平成24年4月1日生まれの方となります。
 平成30年3月31日までに接種しましょう。
 

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防)の積極的勧奨見合わせについて

 ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防)については、平成25年6月14日厚生労働省の勧告により、ワクチンとの因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、副反応の頻度等がより明らかになり、発生頻度等について適切な情報提供ができるまでの間、一時的に予防接種を積極的に接種するようお勧めすることは見合わせることとなりました。
 ただし、対象者(小学校6年生~高校1年生相当の年齢の女子)は、引き続き定期予防接種(無料)として接種できますので、接種を希望される場合は、予診票をお渡ししますので母子健康手帳を持って中央保健センター(健康課)までお越し下さい。
 今後については、国から新しい情報が入り次第、ホームページ等でお知らせします。