当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊勢の「白石持ち」行事

伊勢の「白石持ち」行事
< いせ の 「しらいしもち」 ぎょうじ >

指定区分 : 国、市
種別 : 選択無形民俗文化財(国)、無形民俗文化財(市)
年月日: 昭和48年8月(選択、国)、昭和48年7月27日(市) 
所在地: 伊勢市  
管理者: 伊勢市奉献連合会

内宮川曳
内宮川曳
内宮陸曳
内宮陸曳
外宮陸曳
外宮陸曳

概要

 伊勢神宮両宮正殿の造り替えがほぼ完了した頃に、御垣内に敷き詰める白石を神領民が奉納する行事を「お白石持ち行事」といい、遷宮の年に行われます。
 簡素ではありますが頑丈に作られている奉献車を使用して行われ、川曳には橇(そり)が使用されます。
 旧神領は内宮領、外宮領に分かれており元来はそれぞれの宮に奉献していましたが、現在は両宮へ奉献しています。
  参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編