当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

なぜ浄化槽の法定検査を受けなければならないのですか?

なぜ浄化槽の法定検査を受けなければならないのですか?

なぜ浄化槽の法定検査を受けなければならないのですか?

浄化槽を設置すると、浄化槽の管理者(各家庭では、通常その世帯主)には、浄化槽法第7条及び第11条に基づく検査を受けることが義務付けられます。法律で検査が義務付けられていることから、これらの検査を法定検査と呼びます。

 法定検査の種類と頻度は次のとおりです。

(1) 7条検査:浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に1回受ける検査

(2) 11条検査:毎年1回受ける検査(定期検査ともいいます)

更新日:2014年10月8日