当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

新生児聴覚スクリーニング検査費助成事業

新生児聴覚スクリーニング検査費助成事業

新生児聴覚スクリーニング検査とは

 生まれつき聞こえ(聴覚)に問題がある赤ちゃんは、1,000人に1~2人といわれています。早期に発見し、適切な治療・援助をしてあげることが、ことばの発達の上でも大切です。
 伊勢市では、新生児聴覚スクリーニング検査に要した費用を一部助成(上限3,000円)します。
 検査の目的や方法などを理解していただき、検査を受けられることをお勧めします。

検査方法

 自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)、聴性脳幹反応検査(ABR)または、耳音響放射検査(OAE)という方法で、赤ちゃんの自然睡眠中等に短時間で安全に行える検査です。 検査の結果「Refer(再検査)」となった場合は、精密検査実施機関が紹介されますので、安心して検査を受けていただけます。

※検査の時に赤ちゃんが泣いたり、動いたり、眠らなかった等で検査ができない場合があります。その時は、日時を変えて検査を行うことがあります。

※この検査で「パス(Pass)」した場合でも、聴覚を100%保障するものではありません。また、その後の成長の過程で聴覚に障がいが起きることもあります。

助成対象者

 新生児聴覚スクリーニング検査を受けた新生児(生後3か月未満)の保護者で、検査日に伊勢市に住所を有する方

助成金額

 上限3,000円(新生児1人につき1回限り)

 ※ただし、保険診療で検査を受けた場合は対象外になります。
 

手続き方法

≪市内の委託医療機関(産婦人科)で検査を受ける場合≫

 母子健康手帳と一緒に交付した受診券を医療機関に提出し、検査料金から3,000円を差し引いた金額を医療機関の窓口で払ってください。

≪市内の委託医療機関以外で検査を受ける場合≫

 全額自己負担での支払い後、下記「申請時に必要なもの」を持参し、中央保健センター(健康課)へ申請してください。

申請時に必要なもの

 検査後、6か月以内に中央保健センター(健康課)で申請手続きをしてください。

  1. 申請書『新生児聴覚スクリーニング検査費助成金交付申請書』
  2. 母子健康手帳(聴覚検査の実施記録)
  3. 聴覚検査の費用がわかる領収書(原本)
  4. 預金通帳
  5. 印鑑