当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第2期伊勢市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)意見募集

第2期伊勢市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)意見募集

背景

 我が国における急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、日本全体、特に地方の人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住み良い環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくことが、喫緊の課題になっています。
 このため、平成26年11月、まち・ひと・しごと創生法(平成26年法律第136号。以下「法」といいます。)が制定され、国としては、国民一人ひとりが夢や希望を持ち、潤いある豊かな生活を安心して営むことができる地域社会を形成すること、地域社会を担う個性豊かで多様な人材について確保を図ること及び地域における魅力ある多様な就業の機会を創出することの一体的な推進(以下「まち・ひと・しごと創生」といいます。)を図ることとしています。

まち・ひと・しごと創生が目指すもの

2008年に始まった人口減少は、今後加速度的に進む。
人口減少による消費・経済力の低下は、日本の経済社会に対して大きな重荷となる。

  • 国民の希望を実現し、人口減少に歯止めをかけ、2060年に1億人程度の人口を確保する。
  • まち・ひと・しごと創生は、人口減少克服と地方創生をあわせて行うことにより、将来にわたって活力ある日本社会を維持することを目指す。

なぜ、まち・ひと・しごと創生か

人口減少問題は地域によって状況や原因が異なる。
大都市における超低出生率・地方における都市への人口流出+低出生率が日本全体の人口減少につながっている。

  • 東京一極集中を是正し、若い世代の結婚・子育て希望を実現することにより人口減少を克服
  • 地域特性に応じた処方箋が必要

第2期伊勢市版総合戦略の策定

伊勢市では、人口減少の克服、持続可能な地域づくりを実現するため、まち・ひと・しごと創生法第10条の規定に基づく「第2期伊勢市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定に向け作業を進めています。

この度、その案がまとまりましたので、意見を募集します。

募集期間

 令和元年11月25日(月曜日)から 令和元年12月25日(水曜日)【必着】

提出資格

ア 市内に住所を有する方

イ 市内に事務所又は事業所を有する方

ウ 市内に存する事務所又は事業所に勤務する方

エ 市内に存する学校に在学する方

オ 市に対して納税義務を有する方

カ アからオまでに掲げるもののほか、政策意見提出制度に係る事案に利害関係を有する方

提出方法

 所定の様式(以下にてダウンロード)に、住所・氏名・電話番号・意見等を記入し、以下の1~4のいずれかの方法で提出してください。(任意の様式でも結構です)
  1. 直接持参
    伊勢市役所本館2階(204窓口)企画調整課
  2. 郵送
    〒516-8601伊勢市岩渕1丁目7-29 伊勢市役所企画調整課宛
  3. ファクス
    0596-21-5522

※電話での受付、意見提出者への個別の回答はいたしません。
※いただいたご意見についての回答は、伊勢市ホームページなどで公表します。

案の縦覧

 案は、意見募集の期間中、以下の施設でご覧いただけます。
  1. 企画調整課
  2. 総務課
  3. 市役所本館・1階市民ホール
  4. 各総合支所生活福祉課
  5. 各支所
  6. 伊勢図書館
  7. 小俣図書館
  8. 生涯学習センターいせトピア
  9. 二見生涯学習センター 
  10. いせ市民活動センター

ダウンロード

  1. 第2期伊勢市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)(pdf 831KB)
  2. 【参考資料】 伊勢市人口ビジョン( pdf 8472KB)
    ※第2期伊勢市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)の基礎として策定しているため参考として掲載
  3. パブリックコメント実施要領( pdf 132KB)
  4. 意見提出様式【PDF版( pdf 166KB)】【Word版( docx 16KB)】