当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

熊本地震 被災建築物応急危険度判定活動状況

熊本地震 被災建築物応急危険度判定活動状況

平成28年4月28日

 本日は、益城町で被災建築物の応急危険度判定活動を行いました。
 担当エリアは、新興住宅地で建物への被害は少ないものの、ブロック塀の倒壊が見られました。

平成28年4月27日

 本日は、熊本市東区若葉1丁目で被災建築物の応急危険度判定を行いました。
 担当エリアは商業地のアーケード街で、担当した建物の被害は少ないものの、アーケード内に倒壊物件が見受けられました。

平成28年4月26日

 午前9時より熊本市の担当者と打合せをしました。
 その後、熊本市東区若葉4丁目の担当エリアに移動し、被災建築物の応急危険度判定活動を開始しました。
 古い建物、ブロック塀に被害が多く、新しい建物への被害は比較的少なく感じました。
  
 

平成28年4月25日

 熊本地震に伴う被災建築物の応急危険度判定活動のため、建築住宅課職員2名が熊本市に向け、出発しました。
 活動期間は、平成28年4月26日から28日までの3日間となります。
出発に先立ち、22日に副市長より訓示を受けました。