当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

こども発達支援室の業務案内

こども発達支援室の業務案内
 地域で安心して暮らせるよう、発達支援の必要なお子さんの成長・発達段階に合わせた途切れのない支援で、お子さんの発達・育ちを一緒に支えることを目指します。
 お子さんの行動の背景にある思いや発達の状態の理解を深めることのお手伝い、お子さんに合った支援方法などを一緒に考え、ご家族や子どもの支援関係者の取り組みを支援します。
 こども発達支援室には、保健師・保育士・教員・臨床心理士・言語聴覚士を配置しています。

事業内容

相談

電話や来所による相談受付

 「コミュニケーションが苦手」「落ち着きがない」「計算や読み書きの難しさがある」など、発達に心配がある、関わり方がわからないなど、発達や育ちに関する相談に応じます。

子どものこころ・発達相談

 臨床心理士が、お子さんの行動の背景にある思いや発達の状態など一人一人の状態に応じたサポート・対応の仕方の助言などを行います。必要に応じ、発達検査なども行います。(予約制)

 言語聴覚士が、言葉の発音など言葉に関する相談に応じ、助言を行います。(予約制)

相談受付日時

月~金曜日 午前8時30分~午後5時15分
(土・日・祝日・年末年始はお休みです)
(来所相談をご希望の場合は、できる限り事前にお電話ください)

 保育所・幼稚園・学校などへの訪問支援

 保育所・幼稚園などお子さんが実際に生活している場所へ訪問し、活動の様子の観察等を通して、お子さんの成長につながる支援方法を先生方と一緒に考えます。

 必要なサービスのご紹介や保健・福祉・教育等関係機関の支援をコーディネート

 発達支援の必要なお子さんの成長・状態に合わせ、保健・福祉・教育分野など関係機関との連携、橋渡しなど途切れのない支援を行います。

 こども発達支援講演会の実施  など

 保護者・市民、支援者に向けて発達支援に関する研修会などを行い、支援者の専門性の向上や地域への理解を促し、子どもの育ちを支えるための啓発を行います。