当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

被相続人居住用家屋等確認書の発行について(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除関係)

被相続人居住用家屋等確認書の発行について(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除関係)

 相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除します。詳細については、以下の国土交通省ホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。

 

 

「被相続人居住用家屋等確認書」について

 「被相続人居住用家屋等確認書」は、「空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除」を受けるために必要なものです。

 申請の受付及び交付は、建築住宅課 空家対策係で行っています。

 

申請について

 以下の申請書をダウンロードして記入のうえ、申請書に記載されている必要書類を添付して、持参または郵送してください。

※譲渡日・家屋の取壊しの有無により申請書が異なります。

※郵送の場合は切手を貼った返信用封筒を同封してください。

※申請書の提出から確認書の発行まで数日かかりますので、ご了承ください。

 

譲渡日が平成31年3月31日以前の場合の申請書

譲渡日が平成31年4月1日以降の場合の申請書