当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

風しんにご注意ください

風しんにご注意ください

平成30年7月下旬から関東地方を中心に風しんの届出が大幅に増加し、三重県においても例年になく増加しています。

今後も風しんの流行が拡大する可能性がありますので、感染予防に努めましょう。

風しんについて

感染すると約2~3週間後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。風しんの症状は子どもでは比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が、2,000人~5,000人に一人くらいの割合で発生することがあります。また、大人がかかると、発熱や発しんの期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。

発しんの出る2~3日前から発しんが出た後の5日程度まで感染性があります。

また、妊娠期間の前半(20週頃まで)に妊婦が感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が生じる可能性(先天性風しん症候群)があります。

風しんにかからないために

風しんの予防は、風しんワクチンの接種が有効な予防法です。

予防接種を2回受けていない方や、予防接種歴及び罹患歴が不明な方は、かかりつけ医などに相談の上、抗体検査や予防接種をご検討ください。

定期予防接種について

予防接種法に基づく定期予防接種の対象の人は、無料で接種が受けられます。

定期予防接種対象者

1期:1歳以上2歳未満

2期:5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(幼稚園等の年長児)

5期:昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性(公的な予防接種を受ける機会が無かった方)

定期予防接種対象外の方

定期予防接種の対象でない場合は、任意接種(有料)となります。

妊娠を希望されている女性の方へ

妊娠中の風しん感染を予防し、先天性風しん症候群の発生を防ぐには、妊娠前の予防接種により風しんの免疫を獲得(抗体をもつ)することが重要です。妊娠してからでは、風しんの予防接種を受けることができません。

三重県では、妊娠を希望する女性及び配偶者などの同居者の方に、無料で抗体検査を実施しています。詳細については下記をご覧下さい。

また伊勢市では、妊娠を希望している女性などで風しん抗体価が低い方へ、任意の風しん予防接種費用の一部助成を行います。

もし、発疹や発熱などの症状が現れたら、早めに医療機関を受診しましょう

受診をする際には、事前に電話などで風しんの疑いがあることを医療機関に伝え、指示に従って受診しましょう。

関連リンク

,,