当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

改元に伴う文書の取扱いについて

改元に伴う文書の取扱いについて

市が発送する文書について

  1. 本年5月1日から、元号が「令和」となりました。
    市が発送する文書の日付は、原則元号を用いていますので、5月1日以降に発送する文書には「令和」を使用します。
    なお、市が発送する文書の中には、印刷や発送スケジュールの関係、システムの都合から、文書の日付や納期限などが「平成」で記載されたものが届くことがあります。
    この場合、「平成」で記載された期日であっても、有効なものとなります。新元号による応当日に読み替えていただきますようお願いします。
      
  2. 新元号の初年は、原則「元年」と表記することとしますが、領収日等の表示は「元」ではなく「1」と表記されることがあります。

市に提出する文書について

 市に提出する文書で5月1日以降の日の元号の表記が「平成」と印刷されているものについても、有効なものとして使用していただくことができますが、「平成」を「令和」に訂正して使用する場合は、訂正印は不要です。

訂正のする場合の例

 令和 元

 平成31年6月1日