当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

eLTAX(エルタックス)による地方税の電子申告

eLTAX(エルタックス)による地方税の電子申告

eLTAX(エルタックス)による地方税の電子申告が始まっています

 伊勢市では平成21年1月からeLTAX(地方税の電子申告)を導入しました。これにより、従来は紙で行っていた地方税の申告が自宅やオフィスのパソコンからインターネットを利用し手続を行うことができます。

eLTAXとは

 eLTAXとは、地方税の手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムのことです。eLTAXは「地方税共同機構」が管理運営を行っています。

地方税の電子申告を行うにはエルタックス(外部サイトへリンク)

伊勢市で利用できる税目は

  • 法人市民税
  • 固定資産税(償却資産)
  • 個人住民税(給与支払報告書等)
  • 申請・届出

利用届出受付開始は

平成20年12月15日から

電子申告受付開始は

平成21年1月5日から

申請・届出受付開始は

平成20年12月15日から

エルタックスには、こんなメリットがあります

  • 手続きは自宅、オフィスから
     エルタックスは、インターネットを利用するため、自宅やオフィスなど普段の作業場から手続きが行え、面倒な窓口持参や郵送の手間が省けます。
  • 受付窓口の一本化
     インターネットで送信された申告等の電子データは、ポータルセンタで一括管理しますので、エルタックスに対応する複数の地方公共団体への申告はデータを1度送信するだけで申告が完了します。
  • 申告書等の作成をサポート
     エルタックス用無料ソフトウェア(PCdesk)は、自動計算機能等で申告書の作成をサポートします。
  • 税務・会計ソフトウェアとの連携
     エルタックスに対応した市販のソフトウェアで作成した申告データも利用できます。(対応ソフトは、エルタックスホームページで確認できます。)

利用準備から申告まで

  1. 電子証明書を取得する
     商業登記認証局、公的個人認証局、日本税理士会連合会電子認証局、民間認証局が発行した電子証明を取得する。
    ※平成19年4月から、税理士が作成・送信する電子申告は、「納税者本人」の電子署名及び電子証明書の添付が省略可能になりました。
  2. 利用届出を行う
     エルタックスホームページに必要事項を入力し、送信することで利用者IDと仮暗証番号が取得できます。
     既に他の地方公共団体等に電子申告をしている方は利用届出(新規)の必要はありませんが、国税の電子申告(e-Tax)と異なり、提出先の追加登録をする必要があります。
  3. 利用通知書を受け取る
     利用届出(新規)の際に入力したEメールアドレス宛に受付手続きが完了したことを知らせる「手続き完了通知メール」が届きます。(場合により日数がかかることがあります。)これにより、利用者IDと暗証番号が利用可能となります。
  4. PCdeskを取得する
     エルタックス専用ソフト「PCdesk」をダウンロードし、インストールします。
  5. 申告データ作成
     エルタックスのPCdeskを利用して申告データを作成します。申告データには電子署名を付与し、電子証明書を添付します。
  6. 申告データの送信
     利用者ID及び暗証番号を入力してポータルセンタに接続し、申告データを送信します。
  7. 受付結果の確認
     受付結果を確認し、手続き完了です。

セキュリティー対策

 次のセキュリティー対策を行っています。
  • 利用者認証(利用者ID・暗証番号)で不正アクセスを防止します。
  • 電子署名・電子証明書の添付により、データの改ざんやなりすましを防止します。
  • データの暗号化によりインターネット上で情報漏洩することはありません。

詳しい内容や手続等についてのお問い合わせは、ヘルプデスクへ

ご利用時間 9時から17時(土・日・祝日、年末年始12月29日~1月3日は除く)
電話 0570-081459 左記の電話番号でつながらない場合:03-5521-0019
詳細はエルタックスホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。

最終更新日:2009年6月1日