当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

水道水の放射性物質の測定結果

水道水の放射性物質の測定結果

平成25年9月4日

 伊勢市が取水している水道用水の放射性物質濃度を平成23年8月に測定しています。測定の結果、放射性物質は検出されませんでした。

(1)測定項目

放射性ヨウ素(ヨウ素-131)

放射性セシウム(セシウム-134及びセシウム-137)

(2)測定方法

ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー

(3)測定機関

(財)三重県環境保全事業団

(4)調査対象

中須水源地、宮川水源地、床ノ木水源地から採取した浄水

(5)試料採取日

平成23年8月8日 月曜日

(6)測定結果

すべての試料から不検出

(7)南勢水道用水

三重県企業庁からの供給水についても、同年8月2日に放射性物質が不検出であると確認されています。

  (8)放射性物質測定結果一覧

採水地点

放射性ヨウ素

放射性セシウム

放射性セシウム

(ヨウ素-131)

(セシウム-134)

(セシウム-137)

中須水源地

不検出

不検出

不検出

宮川水源地

不検出

不検出

不検出

床ノ木水源地

不検出

不検出

不検出

※不検出は0.5~0.6Bq/kg以下

(参考)水道水の基準

 食品衛生法の規定に基づく飲料水に係る基準値(H24年4月1日施行)は放射性セシウム(セシウム134及び137)が10Bq(ベクレル)/kgと規定しています。

※厚生労働省健康局水道課においても放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)10Bq/kgを水道水中の新たな目標値としています。

 今後は、文部科学省原子力規制委員会が公表している上水(蛇口水)のモニタリング結果を確認しながら、必要に応じて再測定を行うこととします。