当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成25年7月8日より外国人住民にも住基ネットの運用が開始されました

平成25年7月8日より外国人住民にも住基ネットの運用が開始されました

 平成25年7月8日より、外国人住民の皆さんにも住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の運用が始まり、次のことができるようになりました。

  • 住民票に住民票コード(住基ネットで全国共通の本人確認をするために必要な11桁の番号)が記載できる
  • お住まいの市町村以外でも住民票の写しの交付を受けることができる
  • 住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができる(手数料500円)
    ※住基カードは、顔写真を載せて身分証明書として使えるほか、電子証明書を設定することで行政手続きのインターネット申請ができるようになります。なお、電子証明書の設定には別途500円かかります。
  • 住基カードをお持ちの方は転入届の特例が受けられる
    郵送等により転出届を行うことで、引越し時の手続きで市町村の窓口に出向くのは、引越し先の一度で済むようになります。