[新型コロナ]生活支援対策(令和3年度)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011616  更新日 令和3年7月20日

印刷大きな文字で印刷


生活支援対策事業

(1)感謝の気持ちお届け事業

医療機関や介護・障がい・保育・子育て支援等の従事者に、慰労品(地元の魅力再発見・店舗応援商品券)を贈呈

※対象となる施設等へは、案内文を送付しました(令和3年6月4日追記)
※令和3年6月11日をもって、申請の受付は終了しました

問い合わせ先

健康課(中央保健センター):0596-27-2435

(2)妊産婦育児等支援サービス利用費助成事業

感染拡大の影響のため、実家などから育児等の支援を得ることができなくなった妊産婦に、民間の育児支援サービス等の利用にかかる費用を補助

問い合わせ先

健康課(中央保健センター):0596-27-2435

(3)小児医療確保支援事業

ハイリスク新生児・小児を受入可能な市内唯一の病院である伊勢赤十字病院に感染症対策用品等の購入を支援

問い合わせ先

健康課(中央保健センター):0596-27-2435

(4)生活困窮者自立支援強化事業

自立相談支援および住居確保給付金の申請処理に対応する職員の加配などの事務処理体制を強化

問い合わせ先

生活支援課:0596-21-5556

(5)子どものオンライン学習支援事業

学習機会の充実を図るため、オンラインを活用した学習支援強化のための備品等を整備

問い合わせ先

生活支援課:0596-21-5538

(6)緊急雇用事業

休業や失業、採用の内定を取り消された人を対象に、会計年度任用職員として10人を緊急雇用

問い合わせ先

職員課:0596-21-5505

(7)自宅待機者生活応援サービス事業

濃厚接触者等(親族などから支援が困難な人)で、自宅待機を要請された人への食糧・日用品などを支援

問い合わせ先

福祉総務課:0596-21-5557

(8)臨時特例奨学金育英事業

経済的に困窮する高校生・大学生等に奨学金を支給(資格要件の緩和を継続)

問い合わせ先

学校教育課:0596-22-7879

(9)ファミリーサポートセンター事業

多胎児・ひとり親家庭(依頼会員)へ利用補助券を発行

問い合わせ先

子育て応援課:0596-21-5561

(10)新型コロナウイルス感染症傷病手当金(国保特別会計)

感染または発熱等の症状があり感染が疑われ、就労することができない国民健康保険加入者に傷病手当金を支給

問い合わせ先

医療保険課:0596-21-5646

(11)子育て世帯生活支援特別給付金

児童扶養手当受給者等に対し、給付金を支給

低所得のひとり親世帯以外に対し、給付金を支給

問い合わせ先

子育て応援課

  • ひとり親世帯:0596-21-5713
  • ひとり親世帯以外:0596-21-5561

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?