伊勢市ゴールデンウィーク来訪自粛協力金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009543  更新日 令和2年5月15日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルスによる感染症が拡大する中、三重県は『新型コロナウイルス感染症拡大阻止に向けた「三重県緊急事態措置」~5つのお願い~』(令和2年4月20日公表)において、事業者の皆様に施設の使用停止や施設の営業時間の短縮(以下、「休業要請」という。)へのご協力をお願いしておりました。

加えて、令和2年4月21日に伊勢市は、本市への来訪自粛のお願いをいたしました。その趣旨に賛同し、ゴールデンウィーク期間(令和2年4月29日から5月6日)中に自主的に休業等していただいた事業者の皆様に対して、「ゴールデンウィーク来訪自粛協力金」(以下、「協力金」という。)を支給いたします。

※伊勢市ゴールデンウィーク来訪自粛協力金の対象業種については、下記の添付ファイル「対象業種一覧」をご覧ください。

1.支給額

1事業者あたり10万円(一律) ※課税対象となります。

2.申請要件

本協力金の申請要件は、次の全ての要件を満たす方(以下「申請者」という。)とします。

  • 伊勢市内に施設(店舗)を有する中小企業・小規模企業(個人事業主を含む)等で、大企業が実質的に経営に参画していない事業者であること
  • 県・市町協調事業である「三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金」の支給を受けていないこと(受ける予定がないこと。)
  • 市が来訪自粛のお願いをした令和2年4月29日から同年5月6日の全ての期間において、別に定める対象業種を運営している伊勢市内の施設(店舗)を1施設以上、休業等を行っていたこと
  • 来訪自粛をお願いする前(令和2年4月21日以前)から、今回休業等を行った施設(店舗)の営業を行っていたこと
  • 申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が、伊勢市暴力団排除条例第8条に規定する暴力団、暴力団員又は暴力団関係者に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。また、上記の暴力団、暴力団員および暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。

3.申請方法

受付期間

令和2年5月25日(月曜)から同年7月31日(金曜)まで

受付方法

申請書類

次の1から7の書類を提出してください。必要に応じて、追加書類の提出及び説明を求めることがあります。また、申請書類は返却いたしません。

  提出書類 備考
1

伊勢市ゴールデンウィーク来訪自粛協力金申請書

(様式第1号)

法人の場合は「代表者印」、個人の場合も押印が必要となります。

2

伊勢市ゴールデンウィーク来訪自粛協力金にかかる休業報告書

(様式第2号)

3 営業活動を行っていることが証明できる書類のコピー

来訪自粛のお願い(令和2年4月21日)以前から営業活動を行っていることがわかるよう、法人、個人ともに以下のいずれかの資料を提出してください。

(1)直近の「確定申告書」

(2)令和2年3月及び4月の月末締め帳簿等の営業実態がわかる資料

(3)設立後決算期や申告時期を迎えていない場合は、個人事業の開業・廃業等届出書(税務署の受付印があるもの)又は、法人設立設置届出書(県税事務所などの受付印があるもの)

4

営業活動を行っている実態がわかる写真

(例)店舗の外観全体が写っている写真(社名や店舗名入り)、店内の写真(照明下で商品などが写った写真がよい。)など。

※原則、営業再開後の写真を添付してください。

5

本人確認書類のコピー

本人確認のために、次のいずれかの書類を提出してください 。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証等の書類

※法人の場合は、代表者のもの

6

休業の状況がわかる書類

(例)

  • 休業を告知するチラシ
  • ホームページの画面コピー
  • 店頭での貼り紙等の写真
  • 第三者の方の自署による休業していたことを証明するもの等

※休業する対象施設等の名称や状況(休業の期間)がわかるように工夫してください。

※第三者の自署による休業していたことを証明するものは、様式は任意ですが、次の項目が確認できることが必要です。

「自署した第三者の氏名」「記入日」「対象施設名」「休業期間」「申請者と第三者の間柄」

7

通帳のコピー等

通帳をめくった1、2ページ目のコピーを提出してください。

インターネットバンキングの場合は、以下の項目がわかる画面のコピーを提出してください。

「金融機関名」「本・支店番号」「支店名」「口座種別」「口座番号」「口座名義人」

※ 振込先の口座は、依頼人ご本人の口座に限ります。(法人の場合は、当該法人の口座。)

申請書類の提出方法

郵送、メール、持参

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送、メールによる提出にご協力ください。
※令和2年7月31日必着

申請書類の提出先

(ア)郵送の場合

下記の宛先に、申請書類を送付してください。

宛先

〒516-0016 伊勢市神田久志本町1436番地1 伊勢市役所商工労政課協力金支給窓口 宛

郵送の際の注意事項
  • 切手を貼付の上、裏面には差出人の住所および氏名を必ずご記載ください。
  • また、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。
(イ)メールの場合

下記のメールアドレスに申請書類を添付の上、送信してください。

送信先

keiei-sien@city.ise.mie.jp

メールの際の注意事項
  • メール受信容量の都合上、提出書類(添付ファイル)は合計5MB以内でお願いいたします。5MBを超える場合は、分割してメールをお送りください。なお、個人情報を含みますので、添付ファイルにパスワードを設定するなどの対策をしていただくとともに、誤送信にもご注意ください。
  • メール受信後、翌営業日までに「受信確認メール」を送信いたします。「受信確認メール」が送られてこない場合、お手数ですが商工労政課(0596-63-9790もしくは0596-21-5576)へご連絡ください。
  • 添付ファイルには、上記申請書類のどの書類かわかるようにファイル名を設定してください。
(ウ)持参の場合(8時30分から17時15分まで・平日のみ)

下記のいずれかの窓口に直接、提出してください。

  1. 伊勢市役所商工労政課協力金支給窓口(伊勢市神田久志本町1436番地1 旧消防本部・消防署1階)
  2. 伊勢市役所商工労政課(伊勢市岩渕1丁目7番29号 伊勢市役所東館3階)
  3. 二見総合支所生活福祉課、小俣総合支所生活福祉課、御薗総合支所生活福祉課、市内9支所

※ 各総合支所及び9支所については、お預かりのみとさせていただきます

4.支給等について

  • 申請書類を受理した後、その内容を審査します。なお、書類不備等があった場合に、審査の順番が前後します。
  • 申請書類の審査の結果、本協力金を支給する旨の決定をしたときは、後日、支給に関する通知を発送します。なお、通知後概ね1週間以内にお支払いいたします。
  •  一方、申請書類の審査の結果、本協力金を支給しない旨の決定をしたときは、後日、不支給に関する通知を発送いたします。

5.その他

  • 本協力金支給の決定後、申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、伊勢市は、本協力金の支給決定を取り消します。この場合、申請者は、協力金を返金することとなります。
  • 本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて、伊勢市は、対象施設の休業等の取組に係る実施状況や運営等の再開状況に関する検査、報告又は是正のための措置を求めることがあります。
  • 本協力金の支給に係る法人名や個人事業主名は、情報公開の対象となります。

6.申請書ダウンロード

7.お問い合わせ

申請に関するお問い合わせは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、下記のお問い合わせ先に電話又はメールでお問い合わせいただきますようご協力宜しくお願いします。

お問い合わせ先

伊勢市産業観光部商工労政課協力金支給窓口 8時30分から17時15分まで(平日のみ)

住所:伊勢市神田久志本町1436番地1 旧消防本部・消防署1階
電話:0596-63-9790、0596-21-5576
メール:keiei-sien@city.ise.mie.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?