新型コロナウイルス感染症の影響に伴う就学援助制度の要件の緩和・拡充

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009610  更新日 令和2年7月28日

印刷大きな文字で印刷

伊勢市では、市立小・中学校に通うお子さんがいる経済的にお困りのご家庭に学用品費・給食費・修学旅行費などの一部を援助しています。

今回、新型コロナウイルス感染症の影響により、休業、離職、売上の減少、事業の廃止等で収入が減少し、経済的に困窮されている方を対象に、以下のとおり要件を緩和・拡充します。

緩和・拡充内容

  1. 遡って4月分から支給される4月認定の申請の受付期間を令和2年6月30日(火曜)までに延長します。
    なお、令和2年7月1日以降も随時受付いたします。
  2. 所得基準は、家計急変後の収入が減少した月をもとに令和2年中の所得見込みを算出し、判定します。

延長イメージチラシ

認定基準

世帯の合計所得金額が平成25年8月の生活扶助基準見直し前の生活保護基準額の1.5倍以内の家庭。

また、それ以外で、令和元年度または令和2年度、次の項目に該当し、特に教育委員会が必要と認めた家庭。

  1. 生活保護の廃止または停止
  2. 市民税の非課税または減免
  3. 国民年金の保険料の減免
  4. 国民健康保険料の減免または徴収猶予
  5. 児童扶養手当が支給されている家庭
  6. その他、収入が不安定で学校納付金の納付状態が悪いなど、生活状態が苦しいと認められる家庭

(参考)伊勢市の所得基準(平成25年8月の生活扶助基準見直し前の生活保護基準額の1.5倍)

所得基準は世帯構成・人数・年齢などによって異なりますが、下表をおおよその目安にしてください。

所得基準

【参考】伊勢市の所得基準(平成25年8月の生活扶助基準見直し前の生活保護基準額の1.5倍)

下記の所得基準は世帯構成・人数・年齢などによって異なりますので、あくまでもおおよその目安にしてください。同居されている方全員の所得金額を確認させていただきます。

所得基準(目安)
家族構成(年齢) 世帯の合計所得金額 (参考)世帯の合計年間収入金額
2人(32・8歳)

約193万円以下

約302万円以下

3人(36・32・7歳)

約260万円以下

約393万円以下

4人(36・32・9・5歳)

約302万円以下

約445万円以下

5人(43・38・14・10・8歳)

約403万円以下

約572万円以下

 

提出書類

  • 就学援助費給付申請書
  • 委任状
  • 収入申告書兼口座登録申請書
  • 収入申立書(給与明細書等を添付)

※収入申立書は、新型コロナウイルス感染症による影響で収入が減少した世帯員が、それぞれ記載する必要があります。

申請書類の配布場所

下記のダウンロードファイルのほか、通学している学校、教育委員会学校教育課、子育て応援課で配布しています。

提出先

通学している学校へ提出してください。(郵送可)

なお、すでに令和2年度就学援助費の認定を受けておられる方は改めて申請をしていただく必要はありません。

支給額

支給額イメージ画像

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地
小俣総合支所2階
電話:0596-22-7880
ファクス:0596-23-8641
学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。