災害時の新型コロナウイルス対策

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009408  更新日 令和2年5月11日

印刷大きな文字で印刷

災害時の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力ください

出水期を迎えるにあたり伊勢市では災害時の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、スペースを取った避難誘導、定期的な換気や施設の消毒等を実施します。市民の皆さんも避難について以下の内容を検討の上で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力をお願いします。

自分の住んでいる場所の危険性を確認しましょう

住んでいる場所によって災害の危険性や求められる避難行動は異なります。

伊勢市が作成している「伊勢市防災マップ」を用いて土砂災害の危険性や河川氾濫時の浸水想定や浸水深等を必ず確認してください。

避難の方法を考えましょう

避難には避難所などに避難する水平避難と自宅の2階などに避難する垂直避難があります。

住宅の場所や浸水深によっては、自宅の2階などに避難する垂直避難でも身を守ることが可能です。

災害の危険性等からどのタイミングでどのような避難を行うかを前もって検討しておきましょう。

ハザ-ドマップと一緒に「避難行動判定フロー」を確認しましょう:フローイメージ図

避難行動判定フローの参考情報イメージ画像

親戚や友人宅等への避難を検討しましょう

避難所が過密になることを防ぐために、可能な場合は親戚や友人宅等への避難を前もって検討してください。

※必要な場合は市が開設する避難所へ避難してください。

避難前に健康状態の確認をお願いします

避難する前に検温等の体調確認を行ってください。

避難所内の感染拡大を防止するため、以下の症状がある方は避難所への避難を控え、相談窓口に連絡し、担当者の指示を受けてください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

相談窓口

※時間帯によって連絡先が異なりますのでご注意ください。

  1. 9時00分から21時00分まで(土曜日、日曜日、祝日も対応)
    伊勢保健所 0596-27-5137
  2. 21時00分から翌日9時00分まで
    三重県救急医療情報センター 059-229-1199

※回線が混みあっている場合は、電話がつながりにくくなりますので、ご了承ください。

避難する際のお願い

  • 咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底してください。
  • 頻繁に手洗いを行ってください。
  • マスクや消毒液は不足しているので、可能な限り持参してください。
  • 体調が心配な方は、体温計等も可能な限り持参してください。
  • 避難所では職員による体調等の聞き取りにご協力をお願いします。
  • 避難所では周りの方と密にならないようにご協力をお願いします。
  • 避難所では職員が定期的に換気や施設の消毒を実施します。
  • 避難者が増えてきた場合は、施設内の別室に移動をお願いすることがあります。
  • 万が一、避難所で体調が悪くなった方は、速やかに担当の職員に申し出てください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5523
ファクス:0596-20-3151
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。