伊勢市議会における新型コロナウイルス対策

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009892  更新日 令和2年9月4日

印刷大きな文字で印刷

伊勢市議会では、下記のとおり新型コロナウイルス対策に取り組んでいます。

  • 会議当日、議員、当局説明員、傍聴者等は各自検温し、マスク着用、手指を消毒し議場に入る。
  • 議場は24時間換気システムを運用した上で、会議中は30分に1回、5分~10分の休憩を入れ換気を行う。
  • 傍聴席・記者席は間隔を空けて着席する。
  • 議席・当局席・事務局席・質問席・演壇・議長席に飛沫飛散防止用シートを設置する。

議場における飛沫飛散防止用シートの設置状況

写真:飛沫飛散防止用シートを設置した議長席

写真:飛沫飛散防止用シートを設置した演壇

写真:飛沫飛散防止用シートを設置した質問席

写真:飛沫飛散防止用シートを設置した当局席

写真:飛沫飛散防止用シートを設置した議席

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?