当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

消費生活センター注目情報

消費生活センター注目情報

大型連休期間中の消費生活相談について

平成31年4月27日(土曜日)から令和元年5月6日(月曜日)の間、伊勢市消費生活センターは休業となります。

大型連休期間中に緊急で相談したい場合には、消費者ホットライン『188』をご利用ください。

※ナビダイヤルでつながります。通話料定額サービスの対象外の通話です。IP電話など、一部の電話からはつながりません。また、携帯電話からの発信では通話料が高額になる場合があります。詳細につきましては消費者ホットライン(消費者庁)〔外部サイト〕をご覧ください。

この他に、土曜日・日曜日・祝日に利用できる相談窓口(国民生活センター)〔外部サイト〕も利用できます。

 「キャッシュカードすり替え」、所得などを聞く「アポ電」に注意!!

 伊勢市内で警察官をかたる男にキャッシュカードを盗まれ、ATMから100万円引き出される事件が発生しました。

 《平成31年3月29日10時頃「口座から不正に金が引き出されている。カードを確認するため、捜査員を向かわせる。」という電話がかかってきた。訪れた警察官を名乗る男にキャッシュカード2枚と暗証番号を書いた紙を渡したところ、男は持参した封筒にそれらを入れ、「封印するので印鑑を持ってきてほしい。」と要求。被害者が印鑑を取りに行っている隙に、キャッシュカードがすり替えられ、盗難された。》という手口でした。

 また、伊勢市内でも犯罪予兆電話(家族構成や所得状況を聞きだす「アポ電」、オレオレ詐欺など)が連日発生しています。 不審な電話はすぐに切り、家族や消費生活センター、伊勢警察署(0596-20-0110)に相談してください。

改元詐欺にご用心!!

「元号に合わせてキャッシュカードが変わる」と嘘をついて、高齢者からカードをだまし取る詐欺が全国で相次いでいます。

 新元号になっても、キャッシュカードはそのまま使えます。

 キャッシュカードは他人に預けない、暗証番号は絶対に記入して渡さないでください。

「皇室関連の写真集」を販売する、電話勧誘も報告されています。

 NTTドコモ,au,ソフトバンクの3社も、「新元号発表に伴うキャッシュバックキャンペーン」や料金改定などを案内する詐欺メールを確認したとして、メール記載のURLはクリックしないように注意を呼び掛けています。

 おかしいと感じたら、消費生活センターに相談してください。

 酸を使ったフットケア商品-角質ケア商品で化学やけどやひどい痛みも!

薬剤の入った靴下状の袋に足を浸すことで足裏の角質をはがしすべすべにする、という商品(酸を使ったフットケア商品)を使用し、やけどや痛みなどの危害が発生したという相談が2013年以降の5年間で26件寄せられています。

酸を使ったフットケア商品を使用する場合は、表示よりも大幅に短い時間から試すようにしましょう。

使用中や使用後に、刺激や痛みなどの異常を感じた場合は直ちに使用を中止し、医療機関を受診してください。

冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する「CGJP株式会社」に関する注意喚起

CGJPはSNS等の広告にカナダ・グース・インターナショナル・アクチェンゲゼル・シャフトの商品を掲載し「未使用・正規品・工場直送」と記載して大幅に割り引かれた価格で販売しているかのような表示をしています。

全国の消費生活センター等には、「偽物が届いた」といった相談が多く寄せられています。

消費者庁は虚偽・誇大広告・表示および不実告知の事実を確認し、平成31年2月22日注意喚起情報を公表しました。

 

チケット詐欺に注意!

2020年東京オリンピック・パラリンピックのチケットの販売方法などが発表されました。

 チケットの販売方法には、大きく分けて3つあります。

  1. 抽選による販売は、2019年4月以降、公式サイトで申し込みの受け付けが始まり6月中旬以降に結果発表されます。
  2. 先着順による販売は、2019年秋以降、公式サイトで始まります。
  3. 東京都内での窓口販売は、2020年春以降に始まる予定です。

 チケットを購入するためには、大会組織委員会の専門サイトに住所・氏名などを登録し、受付用IDを取得する必要があります。(オリンピック大会組織委員会発表)

 今後、チケットの転売やチケット販売名目の詐欺電話等が発生する恐れがあります。

 チケットの転売については、TwitterなどのSNS上での個人取引で詐欺被害に遭うケースが多発しています。

 「SNSで譲ってもらったチケットが偽物だった。」「チケットが届かない」「当日会場で入場拒否された。」などのトラブルに巻き込まれた、という相談も多くあります。

 チケットの売買は、公式サイトや大手チケットサイト、公式チケットトレードサイト(転売サイト)の利用を心がけましょう。匿名性の高いインターネット上での取り引きには、十分注意してください!

「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」は、公式サイト以外で購入したチケットは使用できません!

 「公式サイトと間違えて、海外の転売仲介サイトでチケットを注文してしまった。」という相談が他県の消費生活センターに寄せられています。検索サイトを利用すると、公式サイトより上位に非公式サイトの広告が表示されることがありますので、気を付けましょう。大会規約でチケットの転売は、禁止されています。やむを得ず観戦できなくなった場合は、「公式リセールサービス(転売サービス)」が2019年5月に開始予定となっていますので、そちらをご利用ください。

賃貸住宅の原状回復トラブルに注意!!

 春間近、引越しの季節が近づいて来ました。アパート等の賃貸借契約では、様々なトラブルが生じることがあります。

 退去時の原状回復の負担区分の考え方について、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を公表しています。

  貸主(家主や管理会社)からの請求に「疑問がある場合」は、このガイドラインを参考にしましょう。

入居するときの注意点

  1. 契約には 「○○の修繕は入居者(借主)負担とする。」といった修繕特約がある場合があります。
  2. 入居者(借主)に不利な特約も法律の規定に反しない限り有効なので、特約について確認しましょう。
  3. 部屋の状態(汚損)などは、入居前に、大家(家主や管理会社)の立ち合いの上、確認しましょう。

 

天皇陛下退位に便乗した皇室関連商品の悪質商法にご用心!

天皇陛下の退位に便乗し、皇室写真集や皇室関連本などの購入を勧める電話が何度もかかってくるとの相談が増加しています。「断ったにも関わらず、商品が送られてきた。」という事例もあります。

【Point】”断っているのに再勧誘する” ことは法律で禁止されています。

 注文していない商品が届いた場合は、送り元の会社名・住所・連絡先をメモし、受け取りを拒否しましょう。

 印鑑を押して荷物を受け取った場合や、代金引き換えで支払って荷物を受け取ってしまった場合は受け取り拒否できません。

 自分が商品を注文した場合は家族に伝えるようにし、”誰が注文したかわからない荷物は受け取らない”というルールを作っておくなどの対策を取りましょう。

 電話による勧誘販売で買ってしまった場合は、クーリング・オフできます。

 クーリング・オフ期間は、契約書面を受け取った日から8日以内です。できるだけ早くご相談ください。

 訪日観光客消費者ホットライン のご案内

 外国から訪れた観光客の方の消費者トラブルに気づいたときはこちらをご案内ください。

 国民生活センターのホットラインにつながります。英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タイ語に対応しています。

 販売店や宿泊先、交通機関で困ったことが起きた時の相談窓口です。

 

Consumer Hotline For Tourists

 if you need assistance !    Dial   03-5449-0906   

   Mon. - Fri.  10:00a.m. - 4:00p.m.  

 (closed weekends,national holidays, and Dec.29 - Jan.3)

 

National Consumer Affairs Center of JAPAN(NCAC) Home_link

 

訪日観光客のための消費者ホットラインは国民生活センターの相談窓口です。英語、中国語、タイ語、ベトナム語、韓国語の対応しています。   

 

インターネット通販で購入した製品事故に注意(事故や健康被害が起きるかも!)

インターネット通販で購入する前に、次のことに注意しましょう。 

 1.返品条件などの契約内容を確認する。

 2.  インターネット通販事業者の連絡先を記録する。

 3.リコール対象品でないか確認する。

 4.安全に関する説明書を読む。

 5.利用者登録サービスがある場合は早めに登録する。

詳しくは消費者庁ホームページ(外部サイトへのリンク)

    

「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に対する注意喚起

  1. ウエブサイトやLINEなどの広告から「爆速即金GET」というサイトに誘導されます。
  2. 「稼ぎたい方必見!応募者全員ハズレなし!」などと記載されており、応募には氏名とメールアドレスの入力が必要です。
  3. 登録した消費者に「特別プレゼント」を受け取ることができるとして、LINEの友達登録を促します。
  4. 通称あやパンの動画URLが配信され、それを見た消費者は初期費用を払ってもすぐに元が取れると思い込みます。
  5. 初期費用を払った消費者に対し「タップイズマネー」というPDFファイルがメールで送信されます。
  6. このファイルの説明のために、電話をかけるように誘導されます。
  7. 電話で高額なサポート契約を勧誘されます。

 

 注意

 「あやパン」も「1期生」も実在しません!!

 「5万円のキャッシュバック」も実際にはありません!!

 「タップイズマネー」に書かれている方法で、支払った以上の収益を上げることは非常に困難です!!

 

詳しくは消費者庁ホームページ(外部リンク)

 

 

(株)ケフィア事業振興会等の破産手続き開始決定について

 「干し柿のオーナー制度」や「サポーター制度」等を運用している「ケフィア事業振興会」と関連会社4社は2018年9月3日に破産手続き開始決定を受けました

 今後の予定は未定(2018年9月4日現在)となっています。 

センターが把握している情報をお知りになりたい方は、消費生活センターまでご連絡をください。     

 

外部リンク

_


<注意>最近、増加している消費者被害情報 

<被害(1)>「毎月最低30万円分のビットコインを受け続けることができる」とうたう業者にご用心!

インターネット上で「誰でも簡単に仮想通貨で稼げる」などの広告し、投資に誘います。

➡「費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかった」などの相談が多く寄せられています

外部リンク→→ 消費者庁 ビットコイン注意喚起(PDF)(285KB)

<被害(2)>「プロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」とうたう業者にご用心!

メールマガジンなどの広告で、「金と銀のプロジェクト」のウェブサイトへ消費者を誘導します。

  1. 次の言葉を使い誘います。
    「毎日最低1万円の収入保証!」「月利20%継続保証!」「孫の世代までも保証!」
  2. 1を得るために、プロジェクト参加を促し、参加費用(約30万円)を支払支払わせます。
  3. その後、さらに儲かるコースを勧誘します。

➡実際には、投資額が目減りする」などの被害が拡大しています。

外部リンク→→消費者庁 金と銀のプロジェクト(PDF)(616KB)

<被害(3)>「レンタルオーナー契約によるトラブル」にご注意!

商品を購入しオーナーとなり第三者にレンタルすることで、高額のレンタル料金振り込まれると勧誘します。

※レンタルオーナー契約とは、購入した商品を業者に一定期間持ち主として貸し出す契約をいいます。 

  1. 次のことばを使い誘います。
    「元本保証!」「高収益・高配当!」「レンタル料は銀行に預けるより高収益になる!」
    あたかも投資や出資、預金の契約であるかのような勧誘をしています。
  2. 何回か振込みしたあと、口数を増加させた後、業者との連絡が途絶えます。

➡いずれ業者は破綻し、レンタル料が受け取れず元本も戻らなくなります

外部リンク→→国民生活センター レンタルオーナー契約トラブル(PDF)(349KB)

<消費生活>災害に便乗した悪質商法にご注意ください!

地震、大雨などの災害時には、災害に便乗した悪質商法が多数発生します。

被災地だけが狙われるとは限りません、十分注意してください。

 

ご用心!災害に便乗した悪質商法〔国民生活センターホームページ(外部サイト)〕

<消費生活>地震による転倒の防止策~電気給湯設備の貯湯タンクと家具・家電について~

 2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震の際に、設置工事の不備が原因とみられる給湯器の貯湯タンクの転倒に関する相談が多くありました。このたび、国民生活センター商品テスト部で設置状況の実態調査、再現実験などを行いましたので、その結果を情報提供します。

 

地震による転倒防止策 ご家庭の貯湯タンク・家具・家電の地震対策を確認してください

〔国民生活センターホームページ(外部サイト)〕

法務省の名前で届くはがきに注意しましょう!

<<<伊勢市でも、消費生活センターに、はがきが届いたという相談が増えています>>>

 「法務省管轄支局」から届く「訴訟最終告知」と書かれたはがきは架空請求・詐欺のはがきです。

  • 連絡先には絶対に連絡しないでください! 電話をかけないでください!
  • はがきに記載がある”最終期日”に振り回されないように!  
  • 消費生活センターまで情報提供をお願いします。

架空請求の相談急増 ! 心当たりのないメール・はがき・SNSは無視して破棄しましょう! 〔国民生活センターホームページ(外部サイト)〕

    

刈払機・草刈機の使用中の事故にご注意ください!

刈払機・草刈機については、使用中の事故が毎年発生しております。

平成29年7月から平成30年4月の間に11件の事故情報が消費者庁に寄せられています。

こうした事故を防止するために、消費者庁は事故防止に関する注意ポイントなど様々な情報を発信していますので、どうぞ

御活用ください。

 

刈払機・草刈機の事故の防止について〔消費者庁ホームページ(外部サイト)〕

<消費生活注目情報>子供が窒息!? そのとき、あなたの応急処置が必要です

 小さい子供の窒息に注意

 子どもがおもちゃなどの異物やあめなどの食べ物を飲み込んで、のどに詰まり、気道閉塞すると僅かな時間で重篤化し、死亡することもあります。万が一のときに子どもの命を守るため、慌てず適切な行動ができるように救命講習を受講しておきましょう。

   受講を希望する場合は、お近くの地方公共団体、消防本部・消防署、日本赤十字社の都道府県支部等に実施予定等についてお問い合わせください。講習は全国各地の消防本部・消防署や日本赤十字社で行われています。

日本赤十字社では「幼児安全法講習」の名称で講習を実施しています。受講を希望する場合は、お近くの地方公共団体、消防本部・消防署、日本赤十字社の都道府県支部等に乳幼児救命講習の実施予定等についてお問い合わせください。