当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」の共同発行事業者を募集します

「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」の共同発行事業者を募集します

市では、市民の暮らしに役立つ情報の提供を目的として、市役所での各種手続き案内等の行政情報のほか、地域情報や広告等を加えた新たな情報誌の発行を予定しています。

そこで、市と共同で「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」を発行していただける事業者を以下のとおり募集します。 詳しくは、ダウンロード資料の「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」(仕様書)、「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」共同発行事業実施要領」を必ずご確認をお願いします。

発行の形態と費用負担

市が提供する行政情報、共同発行事業者が収集する地域情報・広告を併せた地域情報誌として発行します。市は、作成等にかかる費用を負担しないことを基本とします。

想定する主な構成

(1)行政情報
(2)地域情報
(3)地図情報
(4)企業等の広告

伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」の主な仕様等(ダウンロード資料〔実施要領、仕様書〕)

(1)発行部数 59,000部以上
(2)規格
 A-4版(たて)・150ページ~200ページを想定(うち行政情報ページは100~120ページ程度)
(3)原稿

 市は、市が提供する行政情報の原稿作成・校正を行う。事業者は、行政情報以外の情報(地域情報等)や広告の原稿作成・校正を行うとともに、「伊勢市暮らしの便利帳(仮称)」のデザインとレイアウトを行う。
(4)発行日
 令和元年11月(予定)  

地域情報及び広告内容の掲載基準等

 「伊勢市広告掲載要綱」及び「伊勢市広告掲載基準」に準ずるものとします。

広告の募集等

 広告主の募集は事業者が行うものとし、集めた広告収入で、「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」の作成・印刷及び配布等を行うものとする。

参加資格

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定により、一般競争入札の参加者の資格を有しない者でないこと。
(2)会社更生法(平成14年法律第154号)又は民事再生法(平成11年法律第225号)の規定により、更生又は再生手続開始の申立てがなされている者でないこと。
(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団でないこと。また、役員等が暴力団員でないこと、及び暴力団員が経営に事実上参加していないこと。
(4)現在、市及び他の自治体において指名停止等の処分を受けていないこと。
(5)国税、都道府県税及び市区町村税並びに市の徴収金を滞納していないこと。

共同発行事業者の評価・選定

 評価員において、提出された企画提案書及びプレゼンテーションにより評価を行い、最も優れた提案をした事業者を契約予定者に選定します。

募集期間・申込方法

 応募しようとする事業者の方は、別添の申込用紙(WORD・PDF)に必要事項を記入のうえ、平成31年4月26日(金曜日)17時15分(必着)までに、伊勢市役所・広報広聴課宛、ご提出ください。(郵送・FAX可)   

企画提案書等の提出(ダウンロード資料〔実施要領〕)

(1)事業者は、次の企画提案項目を明記した企画提案書と、必要資料を添付のうえ、提出してください。
ア 行政情報を除くページ数
イ 刷り色
ウ 事業スケジュール
エ 行政情報レイアウト案(掲載する情報は別途参加事業者に提供します)
オ 地域情報案(レイアウト及び掲載内容)
カ 地図情報の案(レイアウト及び掲載内容)
キ その他追加提案等(ICTとの連携等)
ク 独自の広告掲載基準の有無
ケ 当該事業と同様の事業実績の有無と成果物の見本
コ 会社概要等
※企画提案書には、会社名、代表者名を記入し、1部には代表者印を押印をお願いします。
(2)添付資料
ア 独自の広告掲載基準(基準有の場合)
イ 類似情報紙(類似情報紙有の場合)
ウ その他、特にPRしたい資料等(任意)
(3)提出期日
 令和元年5月17日(金曜日)17時15分まで(必着)
(4)提出部数
 10 部 (持参又は郵送による)
※ 問合せ先・申込先・企画提案書提出先
   〒516-8601 伊勢市岩渕1丁目7番29号
      伊勢市役所・広報広聴課(電話 0596-21-5515、FAX 0596-22-9699) 

評価(プレゼンテーション)

(1)実施日
令和元年5 月22 日(水曜日)~31 日(金曜日)のいずれかの日 ※時間及び場所は別途通知します。

(2)内容
プレゼンテーションは、企画提案書に基づき行い、プレゼンテーション30 分、質疑応答20 分を目安に、計50 分以内とします。
パソコン、プロジェクター、スクリーン等の機材及び、インターネット環境(必要な場合)は、事業者が準備すること。ただし、スクリーン(80 インチ、4 対3)については伊勢市で準備するが、事業者の持ち込みも可とします。

覚書の締結

契約予定者として選定された者は、市と共同発行事業に係る覚書を締結するものとします。

責任分担

行政情報に関する責任は市が負うこととし、その他、便利帳の発行に関する事項の全てについて、事業者が一切の責任を負うものとします。

その他

(1)企画提案にかかる費用は、提案書の負担とします。
(2)提出された書類は返却しません。
(3)企画提案書については、主として共同発行事業者の評価・選定のためのものであり、覚書締結後の業務においては、必ずしも企画提案書の提案内容に沿って実施することを市が了承するものではありません。

ダウンロード資料

「伊勢市暮らしの便利帳2019(仮称)」共同発行事業実施要領(214KB)(PDF)
仕様書(117KB)(PDF)
伊勢市広告掲載要項(116KB)(PDF)
伊勢市広告掲載基準(102KB)(PDF)
参加申込書(31KB)(word)
参加申込書(94KB)(PDF)
質問書(31KB)(word)