当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

インターネット・トラブル

インターネット・トラブル

インターネット通販のトラブル

手軽で便利なインターネット通販。でも、油断していると「商品が届かない」「ニセモノが届いた」などのトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

インターネットショッピングにクーリング・オフ制度はありません、ご注意ください

定期購入トラブル

「SNSの広告からダイエットサプリをお試し価格で注文したら、定期購入になっていた。定期購入期間が終了するまで、解約できないと言われた。」という相談が最近急増しています。

定期購入契約は『まとめ売り』のようなもので、「何回か継続して買ってもらう代わりに安くします。」という契約です。

広告と最終確認画面に定期契約であること、支払総額、解約条件などが表示されていた場合、中途解約できません。

注文の前に、定期契約になっていないか必ず確認してください。

偽サイトによるトラブル

正規サイトの商号やデザイン・商品写真などを無断でコピーして使用した『偽サイト』による被害が発生しています。

注文した際に入力した個人情報が流出し、別の犯罪に巻き込まれる可能性もあります。以下のポイントに注意してください。

こんなサイトには御注意というチラシ風の注意喚起

※ネットショップには「定商取引法」により、事業者名・連絡先・返品条件などを表示する義務があります。

 返品条件に「お客様都合による返品は受け付けません。」という表示がある場合、「商品が届いたがサイズ交換して欲し

 い」「写真とイメージが違った」という場合でも返品できません。

 注文の前に『特定商取引法に基づく表示』の内容を確認しましょう。

インターネットオークションやフリマサイト

消費生活センターは、消費者関連法などを使って消費者と事業者間にある消費生活上の問題を解決します。

インターネットオークションやフリマサイトは個人間取引です。売り手側も買い手側も消費者保護の対象にはなりませんので、消費生活センターが間に入って交渉することはできません。

サイトの利用規約に違反して「商品を確認する前に評価する」「サイトを利用しないで相手と連絡する・支払いをする」などの行為を行った場合、サイトの補償制度も使えなくなります。ご注意ください。

子供がオンラインゲームで無断決済!家庭でルール作りを!

子供がオンラインゲームで課金し高額請求を受けるケースが発生しています。

原因

  • 子供が、親のクレジットカード情報を勝手に使用してしまう。
  • 携帯電話のキャリア決済を無断で利用してしまう。

対策

  • クレジットカードやキャリア決済のパスワード等の管理に注意しましょう。
  • 日頃から、子供とゲームの利用についてよく話し合いましょう。

関連リンク

架空請求にご注意ください

 身に覚えのない請求が送られてきた、使用した覚えがないのに携帯サイトからサイト利用料を請求された。このような相談をよく受けます。
 このような請求を受けたら、請求先に問い合わせる前に、消費生活センターまでご相談ください。
 請求先に問い合わせることによって、相手に個人情報を知らせてしまう可能性があります。ご注意ください。

海外の製品を並行輸入や個人輸入として購入するときの注意点

並行輸入・個人輸入した商品によるトラブルが多数発生しています。(リンク

  • インターネットで筋肉増強サプリやダイエットサプリを個人輸入し服用したところ、抑うつや肝障害などの症状が現れ、重い障がいが残ってしまったという報告もあります。
  • 並行輸入などの正規販売店以外で買ったブランド品は、補償や修理などのアフターサービスが受けられない場合があります。
  • 海外で販売された「技適マーク」の付いていないスマートフォンの国内での使用は、電波法違反で罰せられる可能性があります。

並行輸入や個人輸入を検討している方は、十分に注意し、よく調べてから利用してください。

SMSでのフィッシング詐欺に注意!

《「不正利用の可能性があります。ご確認ください」というメッセージが届いた。本物と信じてアカウントやパスワードを入力したら、情報を抜き取られ、インターネット通販で不正利用された。》という相談が増えています。

携帯電話の利用者は自動的にキャリア決済(電話料金と一緒に商品の代金などを支払う方法)が利用できるようになっています。

  • ショートメールやメッセージ(SMS)のURL(リンク)はクリックしない!
  • キャリア決済を利用しない設定に変更する、または利用限度額を最低限に設定しておく

などの対策をしておきましょう。