当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ネーミングライツ導入施設の提案募集

ネーミングライツ導入施設の提案募集

民間事業者の皆様へ

愛称を付けたい施設のご提案をお待ちしています!

 

 市が所有する施設を有効に活用することで新たな財源の確保を図るため、自ら命名権者になろうとする民間事業者の皆様から愛称を付けたい施設の提案を募集しています。

メリット

  1. 企業名や商品(ブランド)名の宣伝効果が期待できます。
  2. 地域活性化に貢献できます。
  3. イメージアップにつながります。
  4. 命名権以外に、関連する製品の展示や企業広告等の掲示などが可能となる場合があります。

 

募集期間

 随時、受付けています。

 

提案者の要件

 自ら命名権者になろうとする民間事業者(法人に限ります。)

 ※別途資格要件がありますので、詳しくは伊勢市ネーミングライツ提案募集要領(PDF)(438)をご確認ください。

 

対象となる施設

 市が所有する施設の中から任意に選択できます。

 ただし、施設の性格上、ネーミングライツになじまない施設(本庁舎・総合支所等の庁舎、学校、保育所、病院、寄贈品の多い資料館など)、既にネーミングライツが導入されている施設、市民公募など現在の名称の設定に特段の経緯がある施設など愛称を付けられない施設もあります。

 

公共施設の検索は、市HPに掲載している 公共施設カルテをご参照ください。

 

提案方法

 まずは、企画調整課へ事前相談してください。

 対象となる施設かどうかや愛称等の条件などを確認させていただきます。

 この段階で、ネーミングライツになじまない施設である場合など、再検討お願いする場合があります。

 提案によりネーミングライツの導入が決定した施設については、改めて公募による契約候補事業者の選定を行います。

 

留意点

  • ネーミングライツ導入後、市は愛称を積極的に使用しますが、一般的な呼称であるので、条例上の施設名称(正式名称)を変更するものではありません。
  • 提案に係る一切の費用は、提案者の負担となります。また、愛称の設定に伴い、必要となる名称表示サイン及び看板等の変更に要する費用、契約期間満了後に原状回復に要する費用は、命名権者の負担とします。

 

募集要領等