当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

投資詐欺

投資詐欺

イラスト「2日で10万円稼いでいただきます」というサイトにご注意!

まず少額の初期費用を払わせ、さらに高額な金額支払いを求める手口で誘ってきます。

誘い言葉

  • 短期間で楽に稼げるお仕事をご紹介します。                       スマホを見る男性のイラスト
  • やっていただく事はただ一つ。スマホを使ってメールを転送するだけ。
  • 誰でも稼げる≪究極のシステム≫
  • 稼げなかった人は一人もいません!!

  などの言葉で、消費者は、その気になって信じてしまい少額を支払ってしまいます。

結果

結局、簡単に 大金を稼げるものではありませんでした。

消費者庁:「2日で10万円稼いでいただきます」などと誘う事業者に関する注意喚起〈外部リンク〉

 借金をさせてまで強引に契約を迫る手口にご注意!

SNSなどで知り合った友人・知人から誘われてトラブルになるケースがあります。

手口

  • 「お金が支払えない」と断っても、クレジット契約などをさせて強引に契約を結ばせます。
  • 「借金はすぐに返済できる」と説明するなどの問題勧誘が見られます。

主な事例

  1. 支払い困難と伝えたが個別クレジットの分割払いでエステ等複数の契約をさせられた。
  2. 「すぐに返済できる」と言われカード決済でオンラインカジノビジネスに参加した。

              簡単に稼げるよ。聞きに行こうよ。の誘い文句   

   国民生活センター;「お金がない」では断れない!きっぱり断りましょう〈外部リンク〉

《注意喚起》「 副業 ‘’短期‘’ ‘’簡単‘’  すぐ稼げます。」は、危険 !!

 平成30年8月以降、

  • 「月収1万円▶月収180万円 !  目標はあなたの希望の金額でOK !」
  • 「経験・知識不問、顔出し不要、初心者でも OK !  在宅でも可能 !」
  • 「年収1,500万円以上の収入アップを目指す !」
  • 「1日5万円なので、20日で100万円稼げます !」
  • 「支払った登録料金はすぐに、取り返せます !」

などとうたい、誘われ「多額の登録料などを支払ったが収益を得ることができない」という相談が増えています。

 

取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に、消費生活センターや警察に相談しましょう。

 

多額の金銭を支払わせる副業サイトに注意(PDF)(501KB)〔消費者庁ホームページ(外部サイト)〕

「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に対する注意喚起

  1. ウエブサイトやLINEなどの広告から「爆速即金GET」というサイトに誘導されます。
  2. 「稼ぎたい方必見!応募者全員ハズレなし!」などと記載されており、応募には氏名とメールアドレスの入力が必要です。
  3. 登録した消費者に「特別プレゼント」を受け取ることができるとして、LINEの友達登録を促します。
  4. 通称あやパンの動画URLが配信され、それを見た消費者は初期費用を払ってもすぐに元が取れると思い込みます。
  5. 初期費用を払った消費者に対し「タップイズマネー」というPDFファイルがメールで送信されます。
  6. このファイルの説明のために、電話をかけるように誘導されます。
  7. 電話で高額なサポート契約を勧誘されます。

 注意

 「あやパン」も「1期生」も実在しません!!

 「5万円のキャッシュバック」も実際にはありません!!

 「タップイズマネー」に書かれている方法で、支払った以上の収益を上げることは非常に困難です!!

 

詳しくは消費者庁ホームページ(外部リンク)   

(株)ケフィア事業振興会等の破産手続き開始決定について

 

 「干し柿のオーナー制度」や「サポーター制度」等を運用している「ケフィア事業振興会」と関連会社4社は2018年9月3日に破産手続き開始決定を受けました

 今後の予定は未定(2018年9月4日現在)となっています。 

センターが把握している情報をお知りになりたい方は、消費生活センターまでご連絡をください。     

 

外部リンク

 

最近増加している消費者被害情報 

被害(1)「毎月最低30万円分のビットコインを受け続けることができる」とうたう業者にご用心!

インターネット上で「誰でも簡単に仮想通貨で稼げる」などの広告し、投資に誘います。

➡「費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかった」などの相談が多く寄せられています

外部リンク→→  消費者庁 ビットコイン注意喚起(PDF)(285KB)

 

被害(2)「プロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」とうたう業者にご用心!

メールマガジンなどの広告で、「金と銀のプロジェクト」のウェブサイトへ消費者を誘導します。

  1. 次の言葉を使い誘います。
    「毎日最低1万円の収入保証!」「月利20%継続保証!」「孫の世代までも保証!」
  2. 1を得るために、プロジェクト参加を促し、参加費用(約30万円)を支払支払わせます。
  3. その後、さらに儲かるコースを勧誘します。

➡実際には、投資額が目減りする」などの被害が拡大しています。

外部リンク→→ 消費者庁 金と銀のプロジェクト(PDF)(616KB)

 

被害(3)「レンタルオーナー契約によるトラブル」にご注意!

商品を購入しオーナーとなり第三者にレンタルすることで、高額のレンタル料金振り込まれると勧誘します。

※レンタルオーナー契約とは、購入した商品を業者に一定期間持ち主として貸し出す契約をいいます。 

  1. 次のことばを使い誘います。
    「元本保証!」「高収益・高配当!」「レンタル料は銀行に預けるより高収益になる!」
    あたかも投資や出資、預金の契約であるかのような勧誘をしています。
  2. 何回か振込みしたあと、口数を増加させた後、業者との連絡が途絶えます。

➡いずれ業者は破綻し、レンタル料が受け取れず元本も戻らなくなります

外部リンク→→ 国民生活センター レンタルオーナー契約トラブル(PDF)(349KB)