麻しん(はしか)に注意しましょう

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002478  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

全国的に麻しん(はしか)患者が発生しています。
麻しんを疑われる症状(高熱、発疹、せき、鼻水、目の充血など)が出現した場合や、最近麻しんを疑われる人との接触があった場合には、感染を広げないためにも公共交通機関の使用を控え、必ず、事前に医療機関へ連絡し、医療機関の指示に従って受診しましょう。

麻しんは感染力がきわめて強く、麻しんに対する免疫を持っていない人が、感染している人に接すると、ほぼ100%の人が感染すると言われており注意が必要です。
空気感染するため、手洗い・マスクのみでは予防できません。予防接種が最も効果的な予防方法です。

定期予防接種の対象者で接種がまだのお子さんは、早めに受けるようにしましょう。

  • 【第1期】満1歳~2歳未満
  • 【第2期】小学校就学前の1年間にある人(いわゆる年長児)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。